北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭出身の早川さん、白老町初の女性消防士に採用【白老】

「前線で活躍する消防士になりたい」と張り切っている早川さん

 白老町は消防本部として初めてとなる女性消防職員を採用した。早川優香さん(18)=室蘭市出身。「前線で活躍する消防士になりたい」と張り切っている。

 室蘭清水丘高卒。本室蘭中ではバスケットボール部に所属、室蘭選抜として全道大会に出場した。高校は卓球部に所属。156センチ、48キロ。「毎日、腹筋や腕立てなど筋トレをしています。こつこつと続けたい」と消防士として必要な体力をつけようと思っている。

 高校1年のときに消防士になることを志望。兄(21)は函館市の消防士。「あこがれて。不安もありましたが、兄を見て大丈夫かなと思いました」。室蘭に住む両親からは「頑張りなさい」と励ましの言葉をもらった。小学校のときの課外授業で白老のアイヌ民族博物館を訪れ、ムックリ製作などを体験、「もっと知りたい」と白老に親近感を抱いていた。

 同本部の制服に初めて袖を通したとき「背筋が伸びる感じがしました」。「機会があれば救急の資格も取りたい」とも。52人の男性だけの世界に飛び込んだ女性第1号。「女性が消防士になりたいと思われるような活動をしていきたい」と責任を感じている。

 笠原勝司消防署長は「女性消防士としてできることがたくさんあると思う。彼女を見て白老の消防士になりたいという女性が続くことを期待しています」と話す。

 9日から道消防学校(江別市)で教育訓練を受けており、5カ月後に白老での仕事が始まる。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...