北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

最前線の現代アート 田口氏コレクション展開幕 美術館【帯広】

エゾシカの剥製をさまざまな球体で覆った名和晃平氏の作品など、独創的な作品が並ぶ会場

 実業家田口弘氏(東京、82)が収集した国内有数の現代美術のコレクションを紹介する特別展「タグチ・アートコレクション~球体のパレット~」が16日、道立帯広美術館で始まった。国内外の作家による65点を展示し、現代美術の最前線を味わうことができる。

 田口氏と娘の美和氏が親子2代にわたって収集したコレクション約470点のうち、2000年代の作品を中心に展示。草間彌生、奈良美智、オノ・ヨーコ、アンディ・ウォーホル、キース・へリングなど国内外の作家51組の作品が並ぶ。

 このうち同展ポスターになっている「PixCell-Deer♯51」(2018年)は名和晃平(京都造形芸術大学大学院教授)の新作。釧路のエゾシカの剥製を、さまざまな大きさの球体で覆った作品で、角度によって見え方も変わり、来場者を引きつけている。

 午前9時から行われた開会式では、野崎弘幸館長が「作品が語りかけてくる今に目を向け、楽しんでいただければ」とあいさつ。田口さんは「第4次産業革命の時代を迎え、ビジネスも新しいものを作る時代。イノベーションは時代の新しい常識をつくることで、現代アートの世界はイノベーションの宝庫。ビジネスより進んでいて行き先を暗示している」とし、「世界の最前線を見てほしい。そんな思いでコレクションした」と思いを伝えた。

 6月19日まで。午前9時半~午後5時。29、5月6日を除く月曜と5月7日は休館。観覧料は一般900円、高・大学生600円、中学生以下無料。

 問い合わせは美術館(0155・22・6963)へ。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...