北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

最前線の現代アート 田口氏コレクション展開幕 美術館【帯広】

エゾシカの剥製をさまざまな球体で覆った名和晃平氏の作品など、独創的な作品が並ぶ会場

 実業家田口弘氏(東京、82)が収集した国内有数の現代美術のコレクションを紹介する特別展「タグチ・アートコレクション~球体のパレット~」が16日、道立帯広美術館で始まった。国内外の作家による65点を展示し、現代美術の最前線を味わうことができる。

 田口氏と娘の美和氏が親子2代にわたって収集したコレクション約470点のうち、2000年代の作品を中心に展示。草間彌生、奈良美智、オノ・ヨーコ、アンディ・ウォーホル、キース・へリングなど国内外の作家51組の作品が並ぶ。

 このうち同展ポスターになっている「PixCell-Deer♯51」(2018年)は名和晃平(京都造形芸術大学大学院教授)の新作。釧路のエゾシカの剥製を、さまざまな大きさの球体で覆った作品で、角度によって見え方も変わり、来場者を引きつけている。

 午前9時から行われた開会式では、野崎弘幸館長が「作品が語りかけてくる今に目を向け、楽しんでいただければ」とあいさつ。田口さんは「第4次産業革命の時代を迎え、ビジネスも新しいものを作る時代。イノベーションは時代の新しい常識をつくることで、現代アートの世界はイノベーションの宝庫。ビジネスより進んでいて行き先を暗示している」とし、「世界の最前線を見てほしい。そんな思いでコレクションした」と思いを伝えた。

 6月19日まで。午前9時半~午後5時。29、5月6日を除く月曜と5月7日は休館。観覧料は一般900円、高・大学生600円、中学生以下無料。

 問い合わせは美術館(0155・22・6963)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

無人古書店 開業 支払いはガチャガチャで【帯広】

 帯広市内に無人古書店「馬酔本(うま、ほんによう)」(西2南19)が開店した。十勝管内ではまれな個人による実店舗の古書店開業。無人化は人件費を掛けずに持続可能な店づくりを実現するため採用したシ...

十勝毎日新聞

鹿追高に女子寮開設 生徒確保へ町支援方針 来春【鹿追】

 鹿追町は鹿追高校の生徒確保に向け、来年4月に女子生徒専用の下宿を開設する方針を固めた。現在は男子寮だけで、女子の受け皿を求める声が上がっていた。  町内の旅館を活用。定員5人で、いずれも個...

十勝毎日新聞

キリンの「ユルリ」帯広に 「メープル」と繁殖目指す【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)は18日午後、多摩動物公園(東京)からおびひろ動物園に移送されるアミメキリンが「ユルリ」(雌、2歳)に決定したと発表した。同園の「メープル」(雄、4歳)と繁殖を...

室蘭民報

ボストン在住の菊地さんが米国の高度看護師資格を取得【室蘭】

 室蘭市出身で現在米国マサチューセッツ州ボストン在住の菊地以都子さん(40)が、看護師が医師の指示を受けずに一定レベルの診断や治療ができる米国の国家資格「Nurse Practitioner(ナ...

室蘭民報

社会人野球日本選手権道予選あす開幕、シャークスが連覇狙う【室蘭】

 日本製鉄室蘭シャークス(比嘉泰裕監督)が、第45回社会人野球日本選手権北海道地区予選大会(20~22日、札幌円山球場)に出場する。今夏の都市対抗野球以降、鍛えてきた打力と、安定した投手陣を武器...