北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

除雪車にGPS、作業効率化に期待 リアルタイムで位置把握-苫小牧市

苫小牧市内の道路で除雪を行う車両。管理システムの導入で効率的な作業が期待される

 苫小牧市は、除雪車にGPS(全地球測位システム)を搭載し、作業位置をリアルタイムで把握する管理システムを今年度に導入する。除雪業者への指示をスムーズに行えるほか、「除雪車はいつ来るのか」といった市民からの問い合わせにも迅速に答えられるようになり、行政サービスの向上を図る。

 市は冬期間、市内を11ブロックに分け、積雪10センチ以上で交通に支障を来すと判断したブロックで除雪を行っている。作業は民間61社に委託し、172台体制で除雪を行っている。

 除雪作業では、市道路管理事務所の担当者が、除雪車に同行している業者のパトロール車へ電話をかけて指示を出している。作業の進捗(しんちょく)状況を現場の担当者から聞き出し、他の地域へ除雪の応援に入ってもらう要請など、調整を図るために何度も電話でやり取りする必要があった。

 新たな管理システムでは、すべての除雪車にGPSを設置し、市道路管理事務所のモニターの地図上で動きが一目で分かるようになる。除雪の進行状況も把握できるため、除雪車の配置をタイミング良く指示でき、効率的な除雪が行えるという。

 2016年度から同様の管理システムを導入している恵庭市では、「まだ除雪車が来ない」といった市民の問い合わせに対し、「除雪車の位置や作業状況が分かるので、いつごろ現地へ行けるか、具体的に回答できるので市民に納得してもらえるようになった」とメリットを話す。

 苫小牧市道路管理事務所は「複数の除雪車の運行を効率良く管理できるため、よりきめ細かい除雪ができる」と期待を寄せ、10月末までにシステムを整備する予定という。

 同事務所によると、18年度冬の出動回数は計7回を数えたが、降雪量が比較的少なかったため、市内全域での一斉除雪はなかった。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...