北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

郷土芸能「越前踊り」で交流【新ひだか】

【新ひだか】町と友好市町の福井県大野市から民謡グループ「音人(おんど)」のメンバー15人が12日に来町し、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問した。13日には大野市から入植した子孫が多い三石歌笛地区で交流会が開かれた。

 明治初期に大野市から渡ってきた入植者たちが三石歌笛地区を開拓したのが縁で、昭和50年3月の旧三石町開基100年の記念行事に、同市と新潟県能生町、岩手県葛巻町、兵庫県南淡町の入植者の古里4市町の首長と議長を招いたことが交流のはじまり。旧三石町は58年6月3日、この4市町と「友好の契り」を結んだ。

 町村合併で新ひだか町となってからも友好提携は引き継がれており、過去にも大野市の訪問団が何度も来町している。

 訪問団の松山幸希彦代表は「3年前から唄(民謡)や楽器演奏(三味線、笛、太鼓など)の活動を広げようと『おおの城まつり』などで披露している」と話した。

三石歌笛地区を訪問し越前踊りで交流

 今回の訪問は、先祖の入植した地域を訪ね、そこに伝わる郷土芸能の越前踊りの違いや民謡と演奏で交流を図ることが目的。

 13日は午前9時30分から三石歌笛総合住民センターで交流会が開かれた。入植経過説明や大野市と歌笛地区の交流紹介、大野市や地区紹介などが行われ、歌笛地区住民が三石歌笛越前踊り、大野市訪問団が「越前おおの音頭」「御前踊り」「しっちょいな」などの民謡と楽器演奏を披露。このほか、歌笛神社境内での記念撮影なども行われた。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...