北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

岩松小の思い出語ろう 解体控え「お別れ会」 5月6日【新得】

 岩松小学校の閉校後、地域の集会場として活用してきた岩松福祉館(町屈足)が、老朽化の影響で今年度中に解体されることが決まった。同校卒業生が5月6日午前10時から、同所で「旧岩松小学校お別れ会」の開催を企画した。「思い出深い学びやを目に焼き付けよう」と、ゆかりある関係者に参加を呼び掛けている。

旧岩松小学校お別れ会の参加を呼び掛ける卒業生。右が水本さん

 岩松地域は、1910(明治43)年に幕別、御影などから開拓者の移住に始まった。13(大正2)年6月、掘っ立て小屋の仮校舎を建築し、私立家庭教育所として同校が創立。児童数12人でスタートした。39(昭和14)年から、岩松発電所と同ダム工事の建設に伴い児童数が急増。ピーク時には128人が在籍した。児童数が5人に減少した76年3月に、63年の歴史に幕を閉じ、屈足小学校に統合した。

 世話役代表としてお別れ会を企画したのは、63年卒47回生の水本敏政さん(68)=町屈足在住。校舎内の見学後、会場をくったり温泉レイク・インに移し、正午から昼食会を開く。校舎見学だけの参加もできる。

 参加費は3500円。申し込み締め切りは今月30日。水本さんは「校舎には児童の壁画や写真など懐かしいものも残っている。多くの参加を期待したいと話している。

 問い合わせと申し込みは、水本さん(090・1525・9626)へ。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...