北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の可能性知る新授業 道外出身者に魅力伝える【帯広】

開講した「とかち学」。初回の講師は奥田学長が務めた

 帯広畜産大学(奥田潔学長)で17日、新たな講義として「とかち学~十勝のキーマンから学ぶ~」が始まった。大学がある十勝の特色について、学外の行政や地域団体関係者、民間企業経営者らを講師に理解を深めていく。

 同大の今年度の新入生は7割近くが道外出身者。大学がある十勝への理解を深め、地域のポテンシャルを感じてもらい、十勝をフィールドにする大学への誇りを持ち、将来的に十勝や道内に定住してもらうことを狙いに開講した。

 講義は1年生以上が対象の選択科目で、全15回を予定。講師は帯広百年記念館や帯広信用金庫など学外からさまざまに迎え、米沢則寿帯広市長も講義を行う予定。今年度は150人近くが受講し、うち1年生は約120人。

 初回は奥田学長が講師を務め、「帯広畜産大学の役割と将来像」と題してスライドを展開。畜大の歴史や十勝の概要、各研究機関との連携や卒業生の話も紹介し、「本学は世界レベルの研究に取り組んでおり、その過程や公表することが大事。十勝を学びの場にたくさんのことに挑戦し、豊かな大学生活を送って」と呼び掛けた。

 愛知県出身の女子学生は「十勝は全国でも特殊な地域で少ししか知らないので、たくさん十勝のことを学びたい」と話した。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス