北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別市が通訳ボランティアの名称変更、国際交流を冠に【登別】

名称変更とともに各種イベントなどでの通訳、案内なども担う=昨年の登別地獄まつり

 登別市は、外国語の通訳者として各種事業に参加する「通訳ボランティア」の名称を、2019年度から「国際交流・通訳ボランティア」に変更した。年齢制限の引き下げなど応募資格の一部を緩和。活動内容を拡充し、公共施設やイベント会場での通訳・案内などを通じて相互交流の橋渡し役とする。

 4月から改正入管法が施行されたことに加え、2020年東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンに登別が登録していることから、今後、訪問・定住する外国人が増えることを想定。市内での交流推進に加え、日常生活の面でもサポートできるよう体制を整える。

 従来の活動は限られていたが、本年度からは業務を充実させる。具体的には、公共施設での通訳、案内に加えて、のぼりべつ地獄まつりなど地元イベントが行われる際の案内などを視野に入れている。また、登別国際観光コンベンション協会が誘致を進めているMICE(企業、学術団体などのイベントの総称)開催に伴う交流の場での通訳サポートのほか、増加を続ける外国人観光客に対応できるよう、訪日客への観光・生活情報の提供、地域社会への参加や災害発生時での支援なども活動内容に加えている。

 応募資格を緩和した。従来は20歳以上としていたが、15歳以上に引き下げた。市企画調整グループの半田真裕子さんは「高校の授業の一環としての活用や、個人としてのボランティア活動も歓迎します。専門学校の学生たちにも参加してもらえれば」と期待している。

 随時募集しており、登録希望者は同グループ、電話0143・85局1122番へ。

関連記事

日高報知新聞

総額31億円、売却率過去最高【新ひだか】

【新ひだか】北海道市場のサラブレッド1歳馬の競り市「セレクションセール」(日高軽種馬農協主催)が16日、静内神森の同市場で開かれた。236頭(牡178頭、牝58頭)が上場し、197頭(牡154頭、...

日高報知新聞

馬を介した連携協定を結ぶ【浦河】

 浦河町と帯広畜産大学(奥田潔学長)と町内のNPO法人ピスカリ(江刺尚美代表理事)が16日、浦河町役場で馬を介した教育・研究・社会貢献活動に関する連携協定を結んだ。障がい者や高齢者に対する乗馬療...

根室新聞

北方墓参第2班が択捉島へ 一部は洋上慰霊に【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が18日朝、目的地の択捉島へ向けて四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港を出発した。墓参団(伊藤光作団長)は2泊3日の日程で同...

根室新聞

貝殻島サオマエコンブ値決め交渉 1等品は1万6500円【根室】

 根室水産ビルで行われていた今年の北方領土・貝殻島サオマエコンブ漁の値決め交渉が、16日に妥結した。今年の上場数量は昨年を下回る164トン。最高級の1等品価格は10キログラム当たり前年比100...

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将...