北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

春のバル街を満喫 西部地区、71店が参加【函館】

生ハムとワインの振る舞いを楽しむ来場者

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が19日、同地区で開かれた。肌寒い天候にもかかわらず、多くの参加者が酒とピンチョス(つまみ)を堪能した。

 2004年4月から毎年春と秋の2回開催しており、今回で31回目。全71店のうち、初参加は入舟町のrocaのらいぬ、くらcraを含む7店。同町からはこれまで参加がなかったが、今回初めて実現した。

 開会にあたり、深谷宏治委員長(レストラン・バスクオーナーシェフ)が「生ハムとワインで体を温めて」と宣言。アクロス十字街(市企業局)の特設会場では、肉の塊を切り分けた生ハムやチーズ、赤白ワインを振る舞い、市民や観光客が本場の味を満喫。計1200人分を用意し、早い人で開始の1時間前から並んだという。

 市内花園町の会社員、庄山彩織さん(26)は「食べ歩きが楽しみ。きょうは6軒ぐらいはしごしたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

総額31億円、売却率過去最高【新ひだか】

【新ひだか】北海道市場のサラブレッド1歳馬の競り市「セレクションセール」(日高軽種馬農協主催)が16日、静内神森の同市場で開かれた。236頭(牡178頭、牝58頭)が上場し、197頭(牡154頭、...

日高報知新聞

馬を介した連携協定を結ぶ【浦河】

 浦河町と帯広畜産大学(奥田潔学長)と町内のNPO法人ピスカリ(江刺尚美代表理事)が16日、浦河町役場で馬を介した教育・研究・社会貢献活動に関する連携協定を結んだ。障がい者や高齢者に対する乗馬療...

根室新聞

北方墓参第2班が択捉島へ 一部は洋上慰霊に【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が18日朝、目的地の択捉島へ向けて四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港を出発した。墓参団(伊藤光作団長)は2泊3日の日程で同...

根室新聞

貝殻島サオマエコンブ値決め交渉 1等品は1万6500円【根室】

 根室水産ビルで行われていた今年の北方領土・貝殻島サオマエコンブ漁の値決め交渉が、16日に妥結した。今年の上場数量は昨年を下回る164トン。最高級の1等品価格は10キログラム当たり前年比100...

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将...