北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

野外劇テーマ曲「星のまちHakodate」暁月さんが収録【函館】

「星のまちHakodate」の収録に臨む暁月さん。「ふるさとになりたい、愛しの塩ラーメンと合わせて、函館の歌として広めていきたい」と話す

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は、戊辰戦争終結150年を記念した事業として、野外劇のテーマソング「星のまちHakodate」のCDを制作する。19日には市芸術ホールで函館出身の歌手、暁月めぐみさんが収録に臨んだ。

 同曲は、七飯町在住の芥川賞作家、新井満さんが作詞、作曲を手掛け、野外劇が大幅リニューアルに踏み切った2003年の第16回公演から劇中で使用している。

 地元歌手による新規収録は新井さんの提案によるもので、暁月さんのほか、函館男声合唱団、函館少年少女合唱団と北美原小学校卒業生の2団体、新井さんによるオリジナル版、カラオケの全5バージョンをCDに収録し、今夏の公演会場で販売する計画だ。

 暁月さんが使った音源は、札幌の作曲家八幡浩暢さんに編曲を依頼。関係者が見守る中、暁月さんは細部にわたって歌い方を確認しながら収録を進めた。暁月さんは「(歌い手として)選んでいただいてうれしい。声質にも合っているので歌いやすく大好きな曲。気持ちよく歌うことができました」と話す。

 同会理事で、CD制作を統括する佐々木茂道教育大名誉教授は「野外劇のテーマソングから『函館の歌』になった」と歌声に太鼓判を押す。中村理事長は「暁月さんの歌声は素晴らしい。この歌を広めたいというのは新井さんの思いでもある。(CD化を機に)いろいろな人に歌ってもらいたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号【十勝】

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあ...

十勝毎日新聞

海鮮丼800食もりもり 格安「市場まつり」盛況【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)で25日、「市場まつり」が開かれた。特選海鮮丼や本マグロ、地場野菜などが格安で販売され、買い物客でにぎわった。  同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、...

十勝毎日新聞

帯広北高 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校...

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...