北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

「かたつむりカフェ」で交流する参加者

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体が「認知症カフェ」を開催する例は管内でも珍しい。

 「かたつむり」のように、ゆっくり一歩ずつ認知症になっても希望が持てる地域づくりを推進していこうと、町の認知症サポーターステップアップ講座の修了生でつくる「かたつむりの会」(田村久男会長)が主催している。参加者を認知症当事者や家族、サポーターや専門職に限定することで話しやすい環境をつくり出す。1月と3月の試験的な開催を経て今回正式に始動し、今後は毎月第3木曜日に開催する。

 今回は約30人が参加し、約半数が当事者や家族だった。当事者中心と家族中心の2グループに分かれ、コーヒーやケーキを味わいながら、自己紹介や雑談などで約1時間半交流した。

 サポーターの工藤雅秀さん(78)は「普段はあまり話さない当事者の方にも笑顔が見える。当事者、家族の参加が増えればより良い方向に向かうのでは」と話していた。

 活動を支援する倉橋健認知症地域支援推進員は「町内に対象者が約300人いる。物忘れなどの違和感を感じている方は、気軽に情報交換を」と参加を呼び掛けている。

 次回は5月16日午前10時から同施設で開かれる。問い合わせは町地域包括支援センター(01558・2・3370)へ。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...