北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

「かたつむりカフェ」で交流する参加者

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体が「認知症カフェ」を開催する例は管内でも珍しい。

 「かたつむり」のように、ゆっくり一歩ずつ認知症になっても希望が持てる地域づくりを推進していこうと、町の認知症サポーターステップアップ講座の修了生でつくる「かたつむりの会」(田村久男会長)が主催している。参加者を認知症当事者や家族、サポーターや専門職に限定することで話しやすい環境をつくり出す。1月と3月の試験的な開催を経て今回正式に始動し、今後は毎月第3木曜日に開催する。

 今回は約30人が参加し、約半数が当事者や家族だった。当事者中心と家族中心の2グループに分かれ、コーヒーやケーキを味わいながら、自己紹介や雑談などで約1時間半交流した。

 サポーターの工藤雅秀さん(78)は「普段はあまり話さない当事者の方にも笑顔が見える。当事者、家族の参加が増えればより良い方向に向かうのでは」と話していた。

 活動を支援する倉橋健認知症地域支援推進員は「町内に対象者が約300人いる。物忘れなどの違和感を感じている方は、気軽に情報交換を」と参加を呼び掛けている。

 次回は5月16日午前10時から同施設で開かれる。問い合わせは町地域包括支援センター(01558・2・3370)へ。

関連記事

函館新聞

ジュニアプログラミング検定 遺愛高杉本さん、難関1級に合格【函館】

 プログラミング教室「D-SCHOOL北海道函館校」(函館市杉並町)に通う遺愛女子高校特進コース1年の杉本瑠菜さん(15)が、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催するジュニアプログラミング...

函館新聞

久野さんが初の日本一 江差追分全国大会・一般の部【江差】

 【江差】第57回江差追分全国大会(江差追分会、江差町主催、函館新聞社など後援)は最終日の22日、町文化会館で予選を突破した50人による一般の部決選会が行われ、留萌管内苫前町の久野絹枝さん(51...

十勝毎日新聞

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売【東京】

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

十勝毎日新聞

最大級餅まきに過去最高の人出 みのり祭り【浦幌】

 秋の味覚を楽しむ浦幌町のイベント「第44回うらほろふるさとのみのり祭り」(同町観光協会主催)が22日午前10時から、町内のうらほろ森林公園で開かれた。開町120年を記念した祭りは、家族連れら過...

十勝毎日新聞

ゾウの草履で熱戦 卓球大会歓声包む【幕別】

 「第5回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が22日、幕別町忠類の十勝ナウマン温泉ホテルアルコで開かれた。町内外の老若男女72人が熱戦を繰り広げた。  忠類地域魅力発信事業実行委員会イベン...