北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

「かたつむりカフェ」で交流する参加者

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体が「認知症カフェ」を開催する例は管内でも珍しい。

 「かたつむり」のように、ゆっくり一歩ずつ認知症になっても希望が持てる地域づくりを推進していこうと、町の認知症サポーターステップアップ講座の修了生でつくる「かたつむりの会」(田村久男会長)が主催している。参加者を認知症当事者や家族、サポーターや専門職に限定することで話しやすい環境をつくり出す。1月と3月の試験的な開催を経て今回正式に始動し、今後は毎月第3木曜日に開催する。

 今回は約30人が参加し、約半数が当事者や家族だった。当事者中心と家族中心の2グループに分かれ、コーヒーやケーキを味わいながら、自己紹介や雑談などで約1時間半交流した。

 サポーターの工藤雅秀さん(78)は「普段はあまり話さない当事者の方にも笑顔が見える。当事者、家族の参加が増えればより良い方向に向かうのでは」と話していた。

 活動を支援する倉橋健認知症地域支援推進員は「町内に対象者が約300人いる。物忘れなどの違和感を感じている方は、気軽に情報交換を」と参加を呼び掛けている。

 次回は5月16日午前10時から同施設で開かれる。問い合わせは町地域包括支援センター(01558・2・3370)へ。

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス