北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げている。

戦国武将モデルやコンパクト商品が人気の五月人形商戦(藤丸)

 端午の節句は男子の健やかな成長や出世を願い、身を守るよろい、かぶとを飾り、こいのぼりを立てる。

 藤丸では、戦国武将の伊達政宗と上杉謙信モデルのかぶと飾りが人気を集める。売れ筋商品は10万円前後で、愛らしい表情の男児がかぶとを着用する「初陣飾り」の需要も高い。

 子供家庭用品課の浦島行子係長は「置く場所がないとの理由で、とにかくコンパクトな商品が好まれている」と話す。祖父母が孫のために購入しようとしたが、父母から「いらない」と断られるケースもあるといい、売り上げは前年より減少。こいのぼりは、5~6メートルの巨大商品にも一定の需要がある。

各時代の五月人形が並ぶ帯広百年記念館ロビー

時代写す人形並ぶ
 帯広百年記念館ロビーでは、五月人形展が開かれている。大小6セットが飾られ、時代ごとの五月人形が楽しめる。

 よろい、かぶとは大正期のものは木や綿などで作られ、昭和50年代のものはプラスチックや化繊などを使用している。同40年代の段飾りはかぶとのほか、弓や刀、太鼓も並ぶ。五月人形には、同館に寄贈された経緯や寄贈者の思いがメッセージで添えられている。

 5月6日まで。同館学芸調査員の飯田恵子さんは「時代ごとに人形の特徴があり、比較しながら楽しんで」と話す。午前9時~午後5時。月曜休館。

関連記事

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

十勝毎日新聞

「十勝小唄」レコードもう1種類発見 53年盤以前に制作か【帯広】

 「十勝小唄」を収めたレコードのうち、初期のものとされる1932(昭和7)年盤と53(昭和28)年盤の間に、もう1種類あったことが判明した。発見した帯広の参納弘義さん(80)=昭和ナツカシ館館長=...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス