北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げている。

戦国武将モデルやコンパクト商品が人気の五月人形商戦(藤丸)

 端午の節句は男子の健やかな成長や出世を願い、身を守るよろい、かぶとを飾り、こいのぼりを立てる。

 藤丸では、戦国武将の伊達政宗と上杉謙信モデルのかぶと飾りが人気を集める。売れ筋商品は10万円前後で、愛らしい表情の男児がかぶとを着用する「初陣飾り」の需要も高い。

 子供家庭用品課の浦島行子係長は「置く場所がないとの理由で、とにかくコンパクトな商品が好まれている」と話す。祖父母が孫のために購入しようとしたが、父母から「いらない」と断られるケースもあるといい、売り上げは前年より減少。こいのぼりは、5~6メートルの巨大商品にも一定の需要がある。

各時代の五月人形が並ぶ帯広百年記念館ロビー

時代写す人形並ぶ
 帯広百年記念館ロビーでは、五月人形展が開かれている。大小6セットが飾られ、時代ごとの五月人形が楽しめる。

 よろい、かぶとは大正期のものは木や綿などで作られ、昭和50年代のものはプラスチックや化繊などを使用している。同40年代の段飾りはかぶとのほか、弓や刀、太鼓も並ぶ。五月人形には、同館に寄贈された経緯や寄贈者の思いがメッセージで添えられている。

 5月6日まで。同館学芸調査員の飯田恵子さんは「時代ごとに人形の特徴があり、比較しながら楽しんで」と話す。午前9時~午後5時。月曜休館。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...