北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

ウニを味わう広尾小1年生

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。

 地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給食に提供されるのは3年目。広尾漁協うに部会(笠置克美部会長)が協力した。

 広尾小学校(高橋敏宏校長、児童232人)では1年生38人が「ふるさと給食」を初体験した。「楽しみにしていた児童もいる」と担任の山田歩奈美教諭(27)。児童たちは茶わん蒸しの中から、きれいなオレンジ色のウニを見つけて口に運び、甘みを味わっていた。

 ウニを初めて食べたという男児は「軟らかくて、甘くておいしい」と笑顔だった。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

名寄新聞

地元もち米で商品化・スポーツフード「モッチート」開発【名寄】

 スポーツによるまちづくりやジュニア育成などに取り組む「Nスポーツコミッション」は、名寄産もち米を使ったスポーツフード「モッチート」を商品化。6月1日から市内と札幌で販売する。事務局では「ぜひ...

室蘭民報

真っ赤なイチゴ鈴なり、収穫最盛期迎え直売所も店開き【豊浦】

 豊浦町では、特産品のイチゴの収穫が最盛期を迎えている。赤く色づいた実を農園のスタッフが次々と摘み取っていた。町内では、国道37号線沿いを中心に直売所も店開きしており、本格的なシーズンを迎えてい...

十勝毎日新聞

畜大酒蔵を記念 十勝ラベル登場 上川大雪酒造【十勝】

 上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は27日、十勝限定オリジナルラベルを配した「特別純米・上川大雪」の販売を管内限定で始める。  同社が主導し、帯広畜産大内に酒蔵「碧雲(へきうん)...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス