北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

四季をイメージして作ったクッキー

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。12日にサイトを立ち上げ、既に11万円(18日現在)を超す資金が集まっている。甲賀静香代表は「さらなる支援を呼び掛け、十勝の雄大な自然の魅力を感じてもらえれば」と話している。

 クッキーをキャンバスに見立てて、十勝の四季を全国に知ってもらおうと、雪原や青空の下の畑など風景を描いた4枚のクッキーを製作する。クッキーの素材は十勝産の小麦粉と卵、道産のバターとてんさい糖。着色料は使用せず、牧場の木や道産カボチャの粉末など天然色素を使って多彩な色合いを表現している。

 今回のプロジェクトはCFサイト「Makuake」で支援を呼び掛け、集めた資金はギフト箱の商品化に充てる。3000円の支援から可能で、支援への返礼品はクッキー1点(11センチ角)やクッキー4点セットなどを用意する。サイトは来月20日まで公開し、集まった支援への返礼は来月中を予定している。

 甲賀代表は「十勝に訪れたことのない人たちや、ドラマ『なつぞら』を入り口に十勝に興味を持った人たちに届けられたら」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...

室蘭民報

並んでも食べたい老舗飲食店の「室蘭名物」に舌鼓【室蘭】

 大型連休中の4月30日、室蘭市中央町の老舗飲食店には、帰省した人や観光客が続々と訪れた。出入り口前には、長い列ができ、地元の名物や懐かしい味に舌鼓を打った。 大王は定休日返上  味の大王室...

室蘭民報

三星の主力2品にチョコで文字、「令和パン」人気上々【登別】

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市、三浦実代表取締役)は4月上旬から、改元にあやかり、チョコレートで「令和」の文字を描いたあんパンとクリームパンを販売、改元が近づくにつれ、売り上げが伸びていると...