北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいずれも現職が新人を退け、2選を果たした。

 鹿追は、前町総務課長の喜井知己氏(59)が元町議の山岸宏氏(59)に1010票の差をつけて初当選。足寄は、前副町長の渡辺俊一氏(63)が元町議の矢野利恵子氏(66)を2102票の大差で破り初陣を飾った。

支持者から花束が贈られ、初当選を喜ぶ喜井氏(右)と理恵子夫人

 幕別は、現職の飯田晴義氏(63)が前町議の高橋健雄氏(69)に7849票差で圧勝。大樹は、現職の酒森正人氏(60)が前町議の杉森俊行氏(64)に1432票差をつけて制した。投票率は、鹿追85.39%(前回92.14%)、足寄80.89%(同83.91%)、幕別61.95%(同68.48%)、大樹77.61%(同83.62%)だった。

 鹿追の喜井氏は、町内主要団体を支持基盤に組織的な運動を展開。農業・観光・教育を3本柱とする現町政の継承を掲げ、人口減に対応した子育て環境や高齢者福祉の充実などを訴え、幅広い支持を集めた。山岸氏は民間による新しい風を入れた町政運営をアピールしたが、明確な対立軸を打ち出せなかった。

 足寄の渡辺氏は、今期で退く安久津勝彦町長の事実上の後継として、町内主要団体がまとまって組織的な運動を展開。人口減少対策として子育て支援や産業活性化策の継続を訴え、支持を集めた。一方、4回目の町長選に挑んだ矢野氏は草の根選挙で、独自の「映画産業」などを掲げたが、浸透には至らなかった。

初当選を果たしだるまに目入れを行う渡辺氏

 幕別の飯田氏は、現職の強みを生かし、農業や建設業、労働、商工業の強固な支持基盤の下で安定した選挙戦を展開。公約全てを実行した4年間の実績を背景に、人口減少対策などを訴え、幅広い支持を受けた。高橋氏は告示2日前に出馬を表明し、出遅れが響いた。

 大樹の酒森氏は、漁協、農協、商工会など町内の主要産業団体の支持を得て、安定した戦いを展開。「産業振興と福祉の充実」を軸とした16の公約を掲げ、幅広く支持を集めた。杉森氏は、学童保育所の建設を強く訴えたが伸びなかった。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...