北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいずれも現職が新人を退け、2選を果たした。

 鹿追は、前町総務課長の喜井知己氏(59)が元町議の山岸宏氏(59)に1010票の差をつけて初当選。足寄は、前副町長の渡辺俊一氏(63)が元町議の矢野利恵子氏(66)を2102票の大差で破り初陣を飾った。

支持者から花束が贈られ、初当選を喜ぶ喜井氏(右)と理恵子夫人

 幕別は、現職の飯田晴義氏(63)が前町議の高橋健雄氏(69)に7849票差で圧勝。大樹は、現職の酒森正人氏(60)が前町議の杉森俊行氏(64)に1432票差をつけて制した。投票率は、鹿追85.39%(前回92.14%)、足寄80.89%(同83.91%)、幕別61.95%(同68.48%)、大樹77.61%(同83.62%)だった。

 鹿追の喜井氏は、町内主要団体を支持基盤に組織的な運動を展開。農業・観光・教育を3本柱とする現町政の継承を掲げ、人口減に対応した子育て環境や高齢者福祉の充実などを訴え、幅広い支持を集めた。山岸氏は民間による新しい風を入れた町政運営をアピールしたが、明確な対立軸を打ち出せなかった。

 足寄の渡辺氏は、今期で退く安久津勝彦町長の事実上の後継として、町内主要団体がまとまって組織的な運動を展開。人口減少対策として子育て支援や産業活性化策の継続を訴え、支持を集めた。一方、4回目の町長選に挑んだ矢野氏は草の根選挙で、独自の「映画産業」などを掲げたが、浸透には至らなかった。

初当選を果たしだるまに目入れを行う渡辺氏

 幕別の飯田氏は、現職の強みを生かし、農業や建設業、労働、商工業の強固な支持基盤の下で安定した選挙戦を展開。公約全てを実行した4年間の実績を背景に、人口減少対策などを訴え、幅広い支持を受けた。高橋氏は告示2日前に出馬を表明し、出遅れが響いた。

 大樹の酒森氏は、漁協、農協、商工会など町内の主要産業団体の支持を得て、安定した戦いを展開。「産業振興と福祉の充実」を軸とした16の公約を掲げ、幅広く支持を集めた。杉森氏は、学童保育所の建設を強く訴えたが伸びなかった。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...