北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

今年のうに祭りをPRするポスター

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。

 えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖するコンブを食べて成長するため、道内では最高級品。6月までの産卵期前は特に実入りが良く、甘みが強いとろけるような旨さになる。

 うに祭りでは、旬のウニが格安で販売されるとあって、例年札幌など道央圏や十勝方面などから大勢の行楽客が詰めかけ、えりもの3大イベントの一つとして定着している。

 当日は、午前9時の開始で、午後2時の終了まで7つのイベントを用意している。

 その1は「殻付ウニの販売」で、8個入り1000円の浜値販売は大人気で、午前9時から整理券を配付。買ったウニは、会場に備えてあるコンロで、その場で焼きウニの味を堪能できる。

 その2は10時から浜の母さん料理「ウニ丼の販売」(1個2500円)で会場入り口近くで販売、先着600食を用意し、引換券は午前9時から。

 その3は正午から「じゃんけん大会」で参加費100円。じゃんけんに勝った人は「殻付きウニのつかみ取り」にチャレンジできる。

 その4は午後1時から「餅まき大会」で、拾った餅に貼り付けてあるクーポン券で、えりもの特産品が当たる。

 その5は「つぶ焼き・魚々(とと)ラーメン」販売が午前10時からで、これも浜の母さん自慢の味付けが例年好評。

 その6は午前中から水晶玉ジャクリング「弥勒」が会場内を巡回して曲芸を披露する。

 その7は「ダイヤモンドアート体験」で、午前中にちびっ子が対象、参加費は1回100円。

 11時50分から新ひだか町のシンガーソングライター・阿部卓馬さんの歌謡ショーもある。

 駐車場は、スポーツ公園内2カ所とゲートボール場横、郷土資料館横の空き地、温水プール跡地。えりも港敷地内駐車には無料バスが会場送迎する。いずれも係員が誘導する。

 うに祭りの問い合わせは、えりも漁協内の実行委員会(☎01466・2・2211)へ。

関連記事

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...