北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

保存NPOを認証 5月4日記念一般公開 旧双葉幼稚園【帯広】

桜の時期は華やかに彩られる園舎。春に一般公開するのは初めてで、「桜の花々も楽しんで」と同会

 国の指定重要文化財「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南10)の保存管理へ向け、卒園生らが進めていたNPO法人「双葉の露(つゆ)」の設立認証が下りた。記念イベントとして園舎の一般公開を5月4日午前11時から行い、青い目の人形や資料展示などを予定。今年度は会員募集の周知、保存管理に向けた活動内容を検討していく。

 NPO法人の認証は1月に道に申請し、今月17日付で認証された。23日午前10時から、帯広市役所で認証会見が行われた。

 会見では代表理事の遠藤崇浩さん(学校法人帯広学園理事長)が「園舎を市民の財産として広めていきたい」とあいさつ。観光や文化資源として今後活用していくためには会員やボランティアを広く募り、人材と資金の両面が必要とした。

 同会は1月に設立総会を開き、現在までに集まった正会員は20人。園舎の年間維持費は、芝刈りや生け垣整備、除雪などで約110万円が必要とされ、同会は「活動していくための人数が足りていない」とする。会員やボランティアが集まり次第、週1回程の園舎開放などの事業も検討していく。

 5月4日のイベントでは午前11時半からギターソロ「月光」、午後2時半から5人組フォークグループ「白い鳥」の演奏会を行うほか、市内のカフェグリーンの軽食販売、青い目の人形展などを予定。園庭整備のボランティアを募集中で、同日午前9時から行う。園舎北側のオカモトの駐車場が利用できる。

 引き続き会員は募集中。年会費は正会員1万円、協賛個人会員2000円、協賛団体会員1口2万円。問い合わせは(080・2864・0635)へ。ホームページ(https://futabanotuyu.com/)からも申し込みできる。

<旧双葉幼稚園園舎>
 1922年に完成し、赤いドーム型の丸屋根が特徴。閉園の2013年まで90年以上使われた。意匠的に優秀で歴史的な価値があると評価され、17年に重文指定された。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...