北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豚コレラ阻止 警戒強化 振興局が本部設置【十勝】

 十勝総合振興局は岐阜、愛知県での豚コレラ発生を受けて海外悪性伝染病警戒本部を設置し、22日に実務者による初めての幹事会を開いた。ウイルスが広がりやすい大型連休が迫り、渡り鳥も多くなるリスクシーズンに差し掛かる中、国内外の発生状況を共有し対策を再確認した。

豚コレラや口蹄疫などの発生状況を共有した海外悪性伝染病警戒本部幹事会

 これまでは高病原性鳥インフルエンザに対する警戒本部を設置していたが、最近の豚コレラやアフリカ豚コレラ発生状況を踏まえ、発生による影響が大きい伝染病を網羅した警戒本部を立ち上げた。

 昨年12月に道が家畜伝染病防疫対策要綱を制定したことを受け、道内各振興局でも地域の実情を踏まえた要綱を策定、それぞれで警戒本部設置を進めている。

 この日は防疫業務に関わる職員20人が参加した。担当者が3月に制定した十勝総合振興局の防疫対策要綱について説明。伝染病ごとに防疫マニュアルを定めて対応に当たるとした。このほか、アジアでの豚コレラ、口蹄(こうてい)疫などの発生状況が紹介された。

 中川清一産業振興部長は「国内の豚コレラは終息が見えず、空港ではアフリカ豚コレラのウイルスも発見されており、警戒が必要だ。発生すると関連産業や生活に影響が及ぶ。情報を共有し、連携して侵入防止に取り組みたい」と述べた。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...