北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

混雑した店内。ソフトクリームを求めて長い行列ができた

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から1万5000人が来館した。

 あびらD51ステーションは、全道124番目の道の駅として19日に国道234号沿いの追分柏が丘にオープン。道東自動車道の追分町インターチェンジから南に約2キロに位置している。

 センターハウスでは地元産の野菜を使用したカレーライスや名産品のカンロを使ったソフトクリームなどを販売。近隣農家の新鮮野菜が並ぶ野菜直売所があるほか、鉄道の町として栄えた街の歴史を伝える鉄道資料館も併設されている。

 新しい道の駅を楽しもうと、オープン初日の6917人を上回る20日は7033人、21日は8323人が来館。117台分の駐車場には札幌や室蘭ナンバーなどの車が並び、国道には駐車場に入るための車列が約2キロにわたって続いた。

 白老町萩野から家族3人で訪れた佐藤金善さん(68)は「1時間半並んでようやく駐車場に入ることができた」と話し、「どのような特産品を売っているのか楽しみ」と笑顔を見せていた。

 施設内では野菜を選んだり、パンを買い求める人がいたりするなど、それぞれ新しい道の駅を満喫。特にソフトクリームが人気を集め、食券を買い求める長い列ができた。30分ほど並んでカンロソフトクリームを買った札幌市から訪れた30代の女性は「カンロの味を初めて知った。甘くておいしい」と話していた。

 観光協会では今月27日から始まる10連休はさらに混雑すると予想。「万全の体制にしたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号【十勝】

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあ...

十勝毎日新聞

海鮮丼800食もりもり 格安「市場まつり」盛況【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)で25日、「市場まつり」が開かれた。特選海鮮丼や本マグロ、地場野菜などが格安で販売され、買い物客でにぎわった。  同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、...

十勝毎日新聞

帯広北高 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校...

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...