北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

動物園 あす夏季開園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の夏季開園が27日に始まる。同園には今年に入り、新たにシロフクロウの雌2羽が秋田市大森山動物園(秋田県)から仲間入り。キタイイズナの雌も保護され、それぞれ繁殖を目指す。

秋田から仲間入りした「モリー」

 シロフクロウの2羽は3月26日に来園した。同時期に生まれた2歳の姉妹。おびひろ動物園では雄のみ3羽が飼育されていたことから、繁殖を目的とした動物園間の「ブリーディングローン」で貸与された。

 愛称は「キリ」と「モリー」。体調も良好で、キリは「シロ」(13歳)、モリーは「セサミ」(5歳)と同居している。シロとセサミは親子で、セサミの弟のパールは現在、旧イヌ舎で飼育されている。

 シロフクロウは雌がしま模様、雄は白いのが特徴。フクロウ担当飼育係の村津颯さんは「繁殖シーズンは冬なので来年以降に期待している。見た目の違いはフクロウではシロフクロウ特有なので、そこも見てもらえれば」と話す。

 一方、国内で唯一、同園で飼育されているキタイイズナも雌が新たに仲間入りし、2017年から飼育している「えりまき」(雄、年齢不明)とのペアリングを目指す。2月に管外でネコに捕まっていたところを保護され、現在は体調も回復した。愛称は「雪月(ゆづき)」と名付けられ、えりまきとはヘビ・カメ舎で別々のケージで飼育されている。

 キタイイズナはイタチの仲間で、食肉目では世界最小の肉食獣。素早い動きで捕まりにくく、その生態は分かっていない部分が多い。今後、道内の大学と協力して繁殖研究に取り組む。

 夏季開園は11月4日まで。開園時間は9月末までは午前9時~午後4時半。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...