北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「そうきたか」驚く写真を…壮瞥町が初のフォトコン【壮瞥】

フォトコン開催を紹介するチラシ。10月31日まで「そうきたか!」と思わせる写真を募集している

 壮瞥町は、町内の魅力的なスポットを撮影するフォトコンテストを実施する。テーマは「『そうきたか!』と思えるとっておきなスポット」。町民も驚くような、うならせるような一枚を10月31日まで募集している。

 町は2015年(平成27年)に策定した総合戦略で、タウンプロモーションを推進。昨年度は官民一体となったワークショップを開きロゴ・キャッチコピー「そうきたか!そうべつ」を制作した。フォトコン実施の意見も寄せられ、NPO法人そうべつ観光協会の協力、大手家電量販店のビックカメラの協賛を得て実現した。

 撮影場所は町内で、1年以内に撮影した写真。応募方法はメール本文に写真のタイトルや撮影場所と日時、エピソードなどを添えること。スマートフォンでの撮影などでも構わない。1人10枚まででデジタルデータ(サイズは10MBまで)に限る。

 11月に審査をし最優秀賞(壮瞥町特産品3万円分)などを決める。入賞作品などは今後、壮瞥を道内外に発信する上で活用していく。町総務課は「気軽に応募してほしい。フォトコンを通しまちに親しみ、楽しんでもらえれば」と多くの参加を呼び掛けている。詳細は町のホームページで見ることができる。

 問い合わせ、応募先は壮瞥町フォトコンテスト担当、電話0142・66局2121番、メールはphotocon@town.sobetsu.lg.jp

関連記事

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...