北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ロケット打ち上げ 2日以降に 機体不具合で延期【大樹】

平成最後の朝日が昇る中、射点に立ち上がったMOMO3号機

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は30日正午すぎ、観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを、5月2日昼(午前11時15分~午後0時半)以降に延期すると発表した。機体のトラブルなどが原因。当初は町浜大樹の実験場から30日昼(同)に打ち上げる予定だった。

 モモは全長9.9メートル、推力1.2トンでエタノールと液体酸素を推進剤とする液体燃料ロケット。民間単独開発のロケットとしては国内初となる宇宙空間(高度100キロ以上)到達を目指している。

 ISTによると、氷点下183度の液体酸素のタンクから、姿勢制御を行う燃焼ガス噴射装置につながる「極低温バルブ」に問題が発生したという。バルブを交換し、気密試験を行う必要があるため、30日中の打ち上げはできなくなった。5月1日は機体の最終確認に加え、悪天候が予想されることから延期を決めた。

 3度目となるモモの打ち上げは大きな注目を集め、町多目的航空公園でのパブリックビューイング(PV)や有料観覧席「SKY-HILLS(スカイヒルズ)」(町晩成)には大勢の観客が集まっていた。

 2017年7月に打ち上げた初号機、18年6月打ち上げの2号機はともに宇宙空間に到達できなかった。改良を重ねた3号機は、機体を立てた状態でエンジンを燃焼する「縦吹き」実験を初めて行うなど、これまで以上に実験を重ねてきた。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...