北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

三星の主力2品にチョコで文字、「令和パン」人気上々【登別】

新元号「令和」をあしらったユニークなパン

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市、三浦実代表取締役)は4月上旬から、改元にあやかり、チョコレートで「令和」の文字を描いたあんパンとクリームパンを販売、改元が近づくにつれ、売り上げが伸びているという。価格は税込み165円。

 登別市若草町の登別若草店(熊谷梢店長)内は、焼きたての香ばしい匂いが漂い、来店者がパンを買い求めている。中には、店内のイートインスペースに腰を下ろして、味わう姿も見られる。

 熊谷店長は「多くの人に食べていただき、時代の変わり目を感じてほしい。これからも引き続き、ご愛顧をよろしくお願いします」と呼び掛けている。

 三星は、長年の人気商品に新元号をあしらって時代の変遷を感じてほしい―と考案。あんパンは円形、クリームパンは楕円形。ともにあんとクリームがぎっしり。販売しているのはベーカリーを併設する全店舗だ。

関連記事

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

室蘭民報

町内の果樹園でサクランボ狩りのシーズン迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒で構成する「そうべつくだもの村」では、今年もサクランボ狩りのシーズンを迎えた。赤く熟した実を求め、国内外から連日多くの観光客が訪れている。品種によって異なるが、8月上旬ま...