北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

令和の書でお出迎え ガーデンスパに掲示【音更】

「祝令和」の書と大森さん(左)。右は山岡支配人

 音更町役場職員で書家の大森洋臣さん(49)が書いた新元号「令和」の書が1日からガーデンスパ十勝川温泉(十勝川温泉旅館協同組合運営、山岡しのぶ支配人)に掲示されている。大森さんは「令和がおだやかな時代になるよう願いを込めて、ゆったりとした気持ちで書いた」と話している。

 大森さんは毎日書道展、道展の会友で、町文化事業協会美術展示部門の運営委員も務める。十勝を代表する書家の故長沼透石さんに師事した。書道歴35年。

 現職は同町企画財政部企画課秘書係長で、4月に所用で小野信次町長と同施設を訪れた際、山岡支配人が「新たな時代の記念に」と依頼、小野町長も「いい機会。ぜひ書いてみては」と背中を押した。

 書は画仙紙(縦140センチ、横70センチ)に、「祝令和」と書かれたもの。「祝」の文字は朱色。依頼を受け、4月下旬に書き上げた。

 大森さんは「一生にあるかないかの機会を与えていただき、組合と小野町長に感謝している。バランスが取りづらい難しい字だが、誰もが分かる平易な書体で書いた。『れいわ』の響きはとてもいい」と話す。山岡さんは「素晴らしい書。新しい時代にふさわしい」と感謝している。

 大森さんの書は、町総合体育館(サンドームおとふけ)、町図書館、町ふれあい交流館(すずらんど)、十勝川温泉観光ガイドセンターにも随時掲示される。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...