北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

塩辛で「アヒージョ」調味料 小田島水産が開発、土産品にも

おいしいアヒージョが簡単に作れる「塩辛deアヒージョ」をPRする社員

 イカ塩辛を使ったスペイン料理「アヒージョ」のもとが、このほど登場した。函館市弁天町の水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)が開発した「塩辛de(で)アヒージョ」。野菜や魚介類などの具材があれば、家庭で簡単に本格的スペイン料理が出来上がる。土産品にもぴったりで、函館を訪れる観光客にもアピールする考えだ。

 同社の塩辛は木だるで熟成するため、うま味が強い。この特性を生かし、アヒージョを塩辛で味付けする食べ方を提案。レシピの〝進化系〟として今回、調味料の開発に成功した。

 材料はオリーブオイル、赤トウガラシ、ニンニク、かんずり入り塩辛。オリーブオイルを冷やすと固まる性質を使い、固めたオリーブオイルの上に塩辛と薬味をのせた。見た目にもきれいで「商品価値がぐんと高まった」(小田島社長)という。

 1回使い切りで、3~4人前。冷凍品で、保存期間は60日。常温解凍後にフライパンに塩辛deアヒージョを入れ、野菜、魚介類を加えて調理する。

 若者にも受け入れられるよう、おしゃれな瓶を採用、ラッピングして販売する。150グラム入りで、価格は1300円(税別)。

 小田島社長(67)は「料理店からもお墨付きをもらった自信作。アヒージョ効果で塩辛の消費拡大につなげたい」と話している。

 問い合わせは同社(0138・22・4312)へ。

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...