北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

毒草誤食「注意を」 春の山菜シーズンに多発【帯広】

 本格的なレジャーシーズンが到来し、帯広保健所が有毒植物の誤食に関する注意を喚起している。昨年7月に帯広市内で80代女性がイヌサフランの球根をイモと間違えて食べて死亡するなど、春から夏にかけては誤食が相次ぐ。保健所は「食べられるか判断のつかない山菜などは『採らない、食べない、人にあげない』を徹底して」と強く呼び掛けている。

 有毒植物の誤食は「スイセンとニラ」のケースなども起きており、道内では過去5年で9件、患者6人が死亡している。

 昨年、帯広で発生したイヌサフランの誤食は、女性が自宅に生えていたイヌサフランを採取・調理して誤食したことで発生した。女性は有毒成分コルヒチンによる中毒で救急搬送されたが、死亡した。

 イヌサフランはギョウジャニンニクとよく似た植物で、春の山菜採りの季節に誤食が起きやすい。ただ、保健所の塚本久美子生活衛生課長は「昨年の事例も踏まえると、春は葉っぱ、夏は球根に注意が必要」と話している。

食用植物と有毒植物を見分けられる帯広保健所配布の「毒草ハンドブック」

 保健所は3月までに食用植物と有毒植物を見分けられる「毒草ハンドブック」を改訂。同保健所・生活衛生課の入り口に用意し、無料で配布している。

 塚本課長は「自分で採った山菜は食べないのが基本。それでも山菜採りに行く場合には、ハンドブックを活用して十分に注意して」と呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆...

室蘭民報

今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝【室蘭】

 2019年度末で解散する少年サッカーチーム「室蘭大沢FC U―12」(池田和弘監督)が7月27日から4日間、栗山町のふじスポーツ広場で開かれた全道大会「フジパングループプレゼンツ2019ロバパン...

室蘭民報

天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞【壮瞥】

 壮瞥天文同好会の田中文夫会長(71)=壮瞥町滝之町=は、第31回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in弟子屈町で、全国協議会会長賞の個人賞を受賞した。天体観測施設「森と木の里センター」(壮瞥町...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...

室蘭民報

広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催【室蘭】

 第9回むろらん広域センタービルまつり(室蘭商工会議所など主催)が22日、室蘭市海岸町の同センタービル玄関前広場と1階道民ホールを会場に開催される。ビアガーデンや露店10店が並び抽選会を予定。2...