北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

毒草誤食「注意を」 春の山菜シーズンに多発【帯広】

 本格的なレジャーシーズンが到来し、帯広保健所が有毒植物の誤食に関する注意を喚起している。昨年7月に帯広市内で80代女性がイヌサフランの球根をイモと間違えて食べて死亡するなど、春から夏にかけては誤食が相次ぐ。保健所は「食べられるか判断のつかない山菜などは『採らない、食べない、人にあげない』を徹底して」と強く呼び掛けている。

 有毒植物の誤食は「スイセンとニラ」のケースなども起きており、道内では過去5年で9件、患者6人が死亡している。

 昨年、帯広で発生したイヌサフランの誤食は、女性が自宅に生えていたイヌサフランを採取・調理して誤食したことで発生した。女性は有毒成分コルヒチンによる中毒で救急搬送されたが、死亡した。

 イヌサフランはギョウジャニンニクとよく似た植物で、春の山菜採りの季節に誤食が起きやすい。ただ、保健所の塚本久美子生活衛生課長は「昨年の事例も踏まえると、春は葉っぱ、夏は球根に注意が必要」と話している。

食用植物と有毒植物を見分けられる帯広保健所配布の「毒草ハンドブック」

 保健所は3月までに食用植物と有毒植物を見分けられる「毒草ハンドブック」を改訂。同保健所・生活衛生課の入り口に用意し、無料で配布している。

 塚本課長は「自分で採った山菜は食べないのが基本。それでも山菜採りに行く場合には、ハンドブックを活用して十分に注意して」と呼び掛けている。

関連記事

函館新聞

函館空襲で撃沈の駆逐艦「橘」慰霊祭/戦死者の冥福祈る【函館】

 1945(昭和20)年7月14日の函館空襲で戦没した駆逐艦「橘」の犠牲者を供養する慰霊祭が11日、函館護国神社(大橋幸生宮司)で行われた。同艦にゆかりのある人ら6人が参列し、冥福を祈った。 ...

函館新聞

津軽海峡北岸の縄文遺跡展始まる/市立函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町、函館公園内)の企画展「津軽海峡北岸の縄文遺跡」が11日、始まった。市内で発掘、収集された貴重な資料など約1300点を展示している。  市内の史跡、大船遺跡と垣ノ島遺...

根室新聞

新市庁舎 現職員駐車場に【根室】

 根室市役所庁舎建替検討委員会(山田康志委員長)が10日夜、市役所で開かれ、新庁舎の耐震システムについて建物を強化する耐震構造を採用し、新庁舎の建設位置を根室振興局側の現職員駐車場跡に南北に長...

苫小牧民報

アイヌ文化発信拠点いよいよ誕生 ウポポイ12日開業-白老

 新型コロナウイルスの影響で開業が遅れていた民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日、白老町のポロト湖畔でいよいよオープンする。国立アイヌ民族博物館を中核施設に、伝統文化の復興と創造、発信のナショナ...

苫小牧民報

毛ガニ初水揚げ 初日は2.5トン-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)の毛ガニ籠漁は11日、苫小牧港漁港区で初水揚げされた。カニ籠漁業部会の全16隻が約2・5トンを漁獲し、1キロ当たりの卸値は「大」(10センチ以上)が7000...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス