北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「十勝ひとりぼっち農園」単行本 共感呼び売り切れ続出【帯広】

書店を巡り、サイン色紙をプレゼントする横山さん(右)。左は宮脇書店の上井店長

 日本一のカレーを作るため十勝に移住して農作業に励む漫画家横山裕二さん(42)の「十勝ひとりぼっち農園」の単行本第1巻が発売され、帯広市内などの書店で売れ行きが好調だ。

 「十勝-」は週刊少年サンデー(小学館)で連載中。サンデー編集長からの指令で2017年冬に東京から十勝に移り住んだ横山さんが、日常生活で感じたことや野菜作りに奮闘する日々を描いている。十勝毎日新聞の紙面でも「勝毎出張編」を連載している。

 4月12日に発売した第1巻は「移住編」。十勝に引っ越すまでの経緯や、巻き起こるハプニングを面白おかしく表現している。表紙は十勝毎日新聞の新井拓海カメラマンが撮影した写真を使用。雪の残る日高山脈を背景に農作業が始まる十勝ならではの風景に、横山さんのイラストが加えられている。

新井カメラマンの写真が使われた表紙の「十勝ひとりぼっち農園」単行本

 市内の書店では発売からたちまち初回入荷分が売り切れる店舗が続出。宮脇書店(イトーヨーカドー帯広店内、上井孝敏店長)では再入荷し、これまで70冊以上が売れる人気ぶり。各書店を訪問して単行本をPRしている横山さんは「ありがたい。十勝の人だけが共感できる表現もたくさんあるので読んで楽しんでほしい」と話している。

 B6判。720円(税抜き)。第2巻は6月発売予定。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス