北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

懐かし柳月駅前店をお菓子で 今西さんらジオラマ製作【音更】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)の菓子職人今西勝彦さん(74)らが菓子で製作した同社の旧帯広駅前店のジオラマが、往時を懐かしむ来店客から好評だ。音更町内のスイートピア・ガーデン1階に展示されている。

ジオラマ製作を手掛けた今西さん(右から3人目)と職人たち

 柳月駅前店(帯広市西2南11)は1977年に営業を開始。喫茶スペースは放課後の学生や家族連れでにぎわった。改築を経て2000年に33年の歴史に幕を閉じた。

 ジオラマはNHK連続テレビ小説「なつぞら」で昭和の十勝の風景が注目されていることなどから昨年12月から製作。原料には砂糖、チョコ、マジパンなどを使用した。今西さんは「残念ながら食べておいしいものではない」と笑う。

 同店に勤務していた今西さんの記憶と残存する当時のわずかな資料を頼りに、1階の販売、喫茶コーナーのほか2階の厨房(ちゅうぼう)の一部を再現した。模型作りから人形の一体に至るまで、店内の細部を高さ60センチ、縦90センチ、横160センチの大きさで表現した。来店客がSNSで紹介するなど話題になっている。

 終業後も作業に没頭することもあったという今西さんは「当時を知る人から懐かしいとの声をもらえてうれしい」と話している。ジオラマはなつぞら放映終了の9月まで展示する予定。

関連記事

函館新聞

函館空襲で撃沈の駆逐艦「橘」慰霊祭/戦死者の冥福祈る【函館】

 1945(昭和20)年7月14日の函館空襲で戦没した駆逐艦「橘」の犠牲者を供養する慰霊祭が11日、函館護国神社(大橋幸生宮司)で行われた。同艦にゆかりのある人ら6人が参列し、冥福を祈った。 ...

函館新聞

津軽海峡北岸の縄文遺跡展始まる/市立函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町、函館公園内)の企画展「津軽海峡北岸の縄文遺跡」が11日、始まった。市内で発掘、収集された貴重な資料など約1300点を展示している。  市内の史跡、大船遺跡と垣ノ島遺...

根室新聞

新市庁舎 現職員駐車場に【根室】

 根室市役所庁舎建替検討委員会(山田康志委員長)が10日夜、市役所で開かれ、新庁舎の耐震システムについて建物を強化する耐震構造を採用し、新庁舎の建設位置を根室振興局側の現職員駐車場跡に南北に長...

苫小牧民報

アイヌ文化発信拠点いよいよ誕生 ウポポイ12日開業-白老

 新型コロナウイルスの影響で開業が遅れていた民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日、白老町のポロト湖畔でいよいよオープンする。国立アイヌ民族博物館を中核施設に、伝統文化の復興と創造、発信のナショナ...

苫小牧民報

毛ガニ初水揚げ 初日は2.5トン-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)の毛ガニ籠漁は11日、苫小牧港漁港区で初水揚げされた。カニ籠漁業部会の全16隻が約2・5トンを漁獲し、1キロ当たりの卸値は「大」(10センチ以上)が7000...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス