北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

重文の旧双葉幼稚園園舎 防火対策など確認【帯広】

旧園舎の防火対策などを確認する関係者

 フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災を受け、とかち広域消防局帯広消防署は9日、国指定の重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南10)について防火対策などを点検した。問題はなかったが、今後活用していくに当たっては、同園舎を管理するNPO法人「双葉の露(つゆ)」と消防局が相談して対策を整えていくことを確認した。

 4月に発生したノートルダム大聖堂の火災を受け、国は全国の国宝や重文の防火対策に関して調査を求める通知を出している。重文の建造物は全国で5033棟。帯広の重文は同園舎と八千代A遺跡出土品で、出土品は帯広百年記念館に収められている。

 この日は帯広消防署指導課の水木慶一課長、奥山佳司係長ら消防職員と市教委生涯学習部文化課の森友絵主任補らが同園舎を訪れ、「双葉の露」の遠藤崇浩代表理事らと共に園内や外から確認した。

 奥山係長は「消火器や自動火災報知設備は整っており、問題は無かった」とした。ただ、人が常駐していないことから「異変が起きた際に備え、町内会や企業と協力体制を築いてほしい」と呼び掛けた。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...