北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

墨生書道学院の星さんが道書道展墨象部門で特選に【登別】

特選に輝いた作品「令」

昨年の入選に続いて今年は特選に輝いた星さん

 登別の書家・山崎光雲さんが主宰する書道塾「墨生書道学院」で学ぶ星藍怜さん(17)=登別明日中等教育学校6回生=が、第60回記念北海道書道展で、墨象部門の特選に輝いた。ダイナミックな表現手法で記した字は、自身の名前にある「令」。新元号・令和と重なったが、本番への作品を仕上げたのは1月。「まったくの偶然です。上位に入ればいいなと思っていたので、うれしいです」と喜びいっぱいだ。

 前衛書道とも称される墨象は、現代アートや抽象画の概念を採用した作品ともいわれる。一般的に小学校の授業で習う書道とは異なり、より芸術性が高い。

 単純に墨汁のみではなく、ゼラチンを主成分とする物質・にかわを混ぜて記した。文字を表す線の一本一本をしっかりと際立たせるための手法だ。そのためには、一度凍らせることが必要になる。氷点下20度ほどが理想だが、今回は冬休み期間中の1月、夜が明け切らない午前7時前に一気に書き上げた。気温は氷点下7度ほど。毛と軸が20センチ弱もある大きな筆を二つ抱えて、寒さに耐えながら仕上げた。

 記した字は、自身の名前から用いた「令」。まったくの偶然だが、展示会場でも話題になった。墨象でも、画数は変わらず「5」のまま。作品上部に大きな「はらい」を描くことで「全体に勢いをつけたかった」。

 書道教室に貼ってあった作品を見て興味を持ち、小学校3年生で習い始めた。「努力家で、センスもある」と指導陣の評価も高く、第50回記念国際現代書道展(1月、札幌)でも奨励賞に輝く実力派だ。今後は道外への進学を目指し、受験勉強の日々。それでも「書道はずっと続けていきたい」と目を輝かせている。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...