北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ZERO」開発に協力を 道内企業に説明 IST社長【札幌】

MOMO3号機の打ち上げの様子や機体について説明する稲川社長

 道は10日、道庁別館で小型ロケット開発に関する説明会を開いた。観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の宇宙空間への打ち上げに成功したインターステラテクノロジズ(IST、大樹町)の稲川貴大社長らがロケットの仕組みや部品を説明し、道内企業との共同開発も含め支援を呼び掛けた。

 成長が期待される宇宙産業について道内企業の理解を深めるのが狙い。メーカーの担当者ら約30人が参加した。

 稲川社長は、「今回の成功を機に次のステップに進みたい」と語り、人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発に向けて「加工の難度が上がる。社内の体制や設備だけでは足りず、多くの方の協力をいただきたい」とした。

 同社開発部の中神一広氏が機体の部品や材料を説明し、「道内の加工業者と連携を取り、開発のスピードを上げていきたい」と語った。

 説明会後、稲川社長は報道陣の質問に対し、「ロケットを低コストにするコンセプトは変わらない。宇宙専用の設備ではなく、他の産業でも使われているものを活用することでコストを下げたい」と今後の方針を語った。

 射場整備については「和歌山県では、大型の射場建設のために県が融資をしたと聞いている。現在のわれわれの射場は最低限の設備しかない。きちんとした射場にしていくために、道路などのインフラ整備について行政の力を借りたい」と道の支援を求めた。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...