北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河港寄港、大勢が見学【浦河】

大型クルーズをバックに記念写真のフレンドようちえんの園児

 12階建ての国内の大型クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」(全長183・4㍍、2万6594㌧。乗客定員620人)が10日朝、春の日本一周クルーズで浦河港に寄港し、池田拓町長ら関係者が歓迎した。大型客船を一目見ようと、同日午後3時の出港まで、岸壁は大勢の見学者でにぎわった。

 大型クルーズ船の浦河港寄港は平成16、17年の「飛鳥」以来14年ぶり。午前8時に着岸後、8時15分から船内で歓迎セレモニーがあり、岸壁では町による春ウニやアスパラガスの無料試食、夏イチゴやアイヌ文様の手作り品、海産品の販売などもあった。

 また、町内JRA施設や襟裳岬、静内二十間道路並木まで足を延ばす乗船客のバスツアーのほか、町内の多数の園児を含めた町内外の見学者で岸壁はにぎわい、お祭り気分の半日となった。

 朝の歓迎セレモニーは船内7階のメインラウンジで行われ、多数の乗船客が見守る中、池田町長が松井克哉船長ら幹部に「浦河の寄港を心から歓迎します。短い時間ですが『こんな素晴らしい場所があるんだ』と実感してもらいたい」と述べた。

松井船長(左側)にコンブで作った花束を贈る町職員

 松井船長も「日高が思い出の地となり、再びこちらを訪れたい」と地元の温かい歓迎に感謝。浦河町からはコンブで作った「慶(よろこ)んぶ花束」が松井船長らに贈られた。

 公募により当選した町民80人による船内見学もあり、5階から入船しスタッフが船全体を紹介。4つのグループでシアターやレストラン、ポートデッキ、550人収容のメインホール、パーティー会場など12階まで見学した。

 船内見学した60歳代の女性グループは「とてもすばらしい。一度でいいからクルーズに参加したい」と話し、バスツアー帰りの70歳代夫婦の乗船客は「馬がいて、まだサクラが咲き、山も海きれいでまた来たいですね」と話していた。

 春の日本一周クルーズは約350人の乗客が乗船。7日から9泊10日(神戸、横浜乗船の2コース)の日程。神戸港を出港し、横浜経由で10日朝に浦河港に初寄港。反時計回りに山形県酒田、新潟県佐渡島、長崎県佐世保、大分県別府に寄り、瀬戸内海を通り神戸、横浜までぐるり1周する。1日3食付き料金は1人37万7000円~162万円(ベッドルーム、リビング約65平方㍍)。

関連記事

根室新聞

地元ゆかりのジャズ名盤ジャケット一堂に【根室】

 「ニムオロ・ネイナ」や「流氷」など有名ジャズアーティストが作曲した根室ゆかりのレコード8枚のジャケットが、最東端のジャズ喫茶「サテンドール」(棚網宏店主)=大正町1=で一堂に展示されている。...

苫小牧民報

来場者100万人達成 道の駅「あびらD51ステーション」-安平

 安平町追分に昨年4月、開業した道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が3日午前、来場者数100万人に到達した。2018年9月に発生した胆振東部地震からの「復興のシンボル」として誕生した...

苫小牧民報

ジェラートスタジオ苫小牧店オープン 十勝産牛乳使用のソフトクリームも

 ジェラートやソフトクリームなどを販売する「Gelato Studio(ジェラートスタジオ)」の苫小牧店が2日、苫小牧市王子町1にオープンした。胆振では初の出店で、素材の味を生かした氷菓などを味...

日高報知新聞

ハム応援のトートバッグ【えりも】

【えりも】町では、日本ハムファイターズ応援大使とえりも町のモチーフをプリントしたトートバッグ(手提げバッグ)と缶バッチの製作を町民の協力を得て支援してきたが、6月末までにトートバッグ「ジモトート」...

日高報知新聞

コロナ対策で高額寄付【日高】

【日高】高額寄付者に対する善行表彰の授与式が1日、町役場町長室で行われ、建設会社2社に表彰状が贈られた。  表彰されたのは、5月26日に新型コロナウイルス対策にと現金500万円を寄付した町内厚賀の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス