北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

海自唯一の特務艇「はしだて」函館初入港【函館】

白とグレーのツートンカラーが特徴の「はしだて」

 海上自衛隊唯一の特務艇「はしだて」(400トン、押川秀成艇長)が函館港西埠頭(ふとう)に初入港し、11日に一般公開し、市民1200人が乗船した。見学客は甲板に木材を使った、自衛隊では珍しい艇内を興味深そうに眺めていた。

 「はしだて」は1999年に就役し、海上自衛隊横須賀警備隊(松田辰雄司令)に所属。外観は白とグレーの2色塗装で、海自の艦艇の中では異彩を放つ。訓練と広報活動のため、京都・宮津港へ向かう途中、10日に函館へ入港した。

 外国の軍関係者らとの会談や会食に使用することから、「海の迎賓館」とも呼ばれ、艇内は壁や階段に木が多く使われている。また、他の艦艇に比べて給養員(調理担当者)の割合が多いという。

 災害派遣や医療支援も担い、甲板では傷を手当てする道具箱やAED(自動体外式除細動器)、傷病者をヘリコプターでつり上げる担架を展示。東日本大震災直後の捜索活動、傷病者の搬送訓練の様子を写真で紹介した。

 青森県むつ市の高校2年生東田流大さん(16)は艇番号にちなみ、91人目の見学客として歓迎を受けた。「自衛隊の船が好きで、ホームページで一般公開を知って来た。木で豪華な内部に驚いた」と笑顔だった。

 松田司令は「自衛官の仕事は多種多様だと知ってもらえる良い機会。興味を持つ自衛官志望者が増えてほしい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...