北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

期待の長いも新品種 「十勝川西」植え付け開始【帯広】

一つひとつ手作業で植え付けられたナガイモの種イモ

 JA帯広かわにしなど十勝管内9JAで生産する「十勝川西長いも」の植え付けが盛んに行われている。今年から2割の収量増が見込まれる新品種「とかち太郎」が導入される。農家は期待通りの豊作を願いながら作業を進めている。

 十勝川西長いもは例年2万トンほど生産され、国内のほか、台湾や米国、シンガポールにも輸出されている。2017年産の販売額は過去2番目の71億5600万円を記録した。

 今年は前年と同様におよそ260戸550ヘクタールで作付けする。新品種は今年と来年の2カ年で切り替えるため、19年産全体の生産量は1割ほどアップする見込み。

 帯広市基松町で3ヘクタールに作付けする小泉裕亮さん(44)の畑では、11日に作業が始まった。ゆっくりと進む作業機に座って手作業で種イモを植えていった。

 冬の少雪で土壌が深くまで凍結したが、4月の気温が高く、解けたため作業の大きな遅れはないという。小泉さんは「とかち太郎はうまく育てば収量が増える品種。天候に恵まれてほしい」と話している。植え付けは5月末まで行われる見通し。秋の収穫は、11月ごろを予定している。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...