北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大豆の種まき トーフューチャー2年目始動【函館】

今年の豊作を願って丁寧に種まきをする参加者

 函館豆腐油揚組合(工藤英洋理事長、加盟7社)は12日、2年目となる地元豆腐店活性化プロジェクト「To Future(トウフューチャー)」を始動した。函館市豊原町の農場で豆腐店主らが大豆の種まきを行い、今年の豊作を願った。

 有機農産物JASの認定を受け、野菜や大豆を中心に栽培している農場「ローラファーム」(長谷川正昭代表)の畑10アールを借り、高級大豆「鶴の子大豆」5キロをまいた。種は昨年収穫した中から自家採取したもので、参加者は7本の畝に25センチ間隔で2粒ずつまき、土をかぶせた。最後に発芽後の鳥害を防ぐため、保温効果もある不織布をかけた。10月に収穫予定。

 昨年は天候不順や人出不足で除草作業が追いつかず、豆腐に使った大豆の収量は63キロと苦戦。この日は13人が参加し、マルヨ佐藤食品(湯川町3)の佐藤克利代表(51)は「初年度は今年2月に開催した、はこだてフードフェスタ2019で販売したところ、爆発的に売れ、すごい反響だった。もっと多くの人に行き渡るよう、収量を何とか確保したい。おいしい豆腐を食べ、若い人の豆腐離れを食い止めるきっかけになれば」と話した。

 今年度の収量は120キロが目標。収穫した大豆は来年2月3、4日(節分・立春)に「立春大吉豆腐」として各店で提供する考え。

 プロジェクトは、豆腐店自ら大豆栽培から豆腐を作って販売に至るまで一貫して行う全国でも珍しい試みで、地元産豆腐の話題性を高め、客を呼び込む狙いで、昨年度からスタートした。

関連記事

十勝毎日新聞

食への思い語り合う フード&ワインフェスプレトーク【帯広】

 北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019(実行委主催)のプレ・トークセッションが24日午後5時から、帯広市内の十勝農園(西1南9)で開かれた。  ハワイで開催されるイベントの十勝版で、...

十勝毎日新聞

目指せ十勝ワインバイザー 26人が筆記や試飲【池田】

 十勝ワインの普及や愛飲者拡大を目的とする「第16回十勝ワインバイザー認定試験」(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所主催)が23日、町田園ホールで開かれた。  年1回実施。今回は神奈川県や愛知県など...

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...