北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「漢方の庭」準備着々 十勝から応援者も 英「五輪」【ロンドン】

イギリスや日本全国の技術者が集まり、工事が進む会場(佐藤さん提供)

 世界最高峰のガーデニングショー「チェルシーフラワーショー2019」の最終審査に十勝から出場する木野花園計画(帯広)の柏倉一統(かずと)代表と未季庭園設計事務所(幕別)の佐藤未季代表が現地入りし、出品する庭づくりの工事が着々と進んでいる。十勝からの応援も訪れ、世界各国の技術者たちが力を結集させて21日の開幕へ向けて汗を流している。

 ショーは100年以上の歴史を誇り、英国王立園芸協会が主催。「庭のオリンピック」と称され、今年は世界から26組が最終審査に進む。会期は25日まで。

 柏倉さんと佐藤さんは昨年初めて応募し、見事1次審査を通過した。最終審査に進むにはガーデン制作費用約1700万円を出資するスポンサーが必要だったが、十勝をはじめ国内外から支援者が集まり、約440人から2000万円近くに上る資金が寄せられた。

左から柏倉一統さんと佐藤未季さん

 2人が出場するのは3部門のうちのひとつ「Space to Grow (育む庭)」。「漢方の庭」をテーマにコブシやシャクヤクなど約30種類の植物を使い、北海道の自然を表現する。

 2人は4月から開催地の英国ロンドンに入って準備を進める。工事は6日に始まり、18日が工期。佐藤さんによると、工事が始まってから急なルール変更などもあり、デザインや手順を試行錯誤しながらも順調に進んでいるという。

 施工はイギリス在住の白井達也さんがコーディネートし、イギリス人施工者、石工、また真鍋庭園(帯広)の府川洋史工事課長を始め、全国から技術者が応援に駆け付けている。2週間という限られた時間で競い合うが、「メダルを競う大会なのにいろいろな庭の人たちが道具や材料を貸し借りしたりして、会場全体が仲の良い戦友になっていく姿に驚いた」と佐藤さん。夢の大舞台は間もなく開幕。「2人で始めた挑戦がたくさんの方々の協力と協賛を得て、北海道で学んだ庭づくりで世界へ挑戦できることを心から感謝している」と話している。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス