北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「漢方の庭」準備着々 十勝から応援者も 英「五輪」【ロンドン】

イギリスや日本全国の技術者が集まり、工事が進む会場(佐藤さん提供)

 世界最高峰のガーデニングショー「チェルシーフラワーショー2019」の最終審査に十勝から出場する木野花園計画(帯広)の柏倉一統(かずと)代表と未季庭園設計事務所(幕別)の佐藤未季代表が現地入りし、出品する庭づくりの工事が着々と進んでいる。十勝からの応援も訪れ、世界各国の技術者たちが力を結集させて21日の開幕へ向けて汗を流している。

 ショーは100年以上の歴史を誇り、英国王立園芸協会が主催。「庭のオリンピック」と称され、今年は世界から26組が最終審査に進む。会期は25日まで。

 柏倉さんと佐藤さんは昨年初めて応募し、見事1次審査を通過した。最終審査に進むにはガーデン制作費用約1700万円を出資するスポンサーが必要だったが、十勝をはじめ国内外から支援者が集まり、約440人から2000万円近くに上る資金が寄せられた。

左から柏倉一統さんと佐藤未季さん

 2人が出場するのは3部門のうちのひとつ「Space to Grow (育む庭)」。「漢方の庭」をテーマにコブシやシャクヤクなど約30種類の植物を使い、北海道の自然を表現する。

 2人は4月から開催地の英国ロンドンに入って準備を進める。工事は6日に始まり、18日が工期。佐藤さんによると、工事が始まってから急なルール変更などもあり、デザインや手順を試行錯誤しながらも順調に進んでいるという。

 施工はイギリス在住の白井達也さんがコーディネートし、イギリス人施工者、石工、また真鍋庭園(帯広)の府川洋史工事課長を始め、全国から技術者が応援に駆け付けている。2週間という限られた時間で競い合うが、「メダルを競う大会なのにいろいろな庭の人たちが道具や材料を貸し借りしたりして、会場全体が仲の良い戦友になっていく姿に驚いた」と佐藤さん。夢の大舞台は間もなく開幕。「2人で始めた挑戦がたくさんの方々の協力と協賛を得て、北海道で学んだ庭づくりで世界へ挑戦できることを心から感謝している」と話している。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...