北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

注目集めるキャッシュレス決済、室蘭でも導入加速へ【室蘭】

室蘭市内でスマホを使ったキャッシュレス決済に注目が集まっている=中島町、焼きとりくらぶ

 室蘭市で消費者が代金の支払いに現金ではなくクレジットカードなどを使用する「キャッシュレス決済」に注目が集まっている。政府は10月1日に予定する消費増税に合わせてポイント還元制度や軽減税率対応の支援策を実施する方針。市内では利便性を感じている飲食店がある一方、手数料負担などから敬遠する店舗もある。こうした中、室蘭商工会議所などは27日に説明会を企画。キャッシュレス化によるメリットを伝える考えだ。

便利

 「不便は感じない。とにかく便利ですよ」。中島町の飲食店「焼きとりくらぶ」の西村邦夫店主はキャッシュレス決済サービスのメリットを語った。

 同店は昨年3月、中国人利用が多い決済カテゴリー「ウィーチャットペイ」とアリババ集団の「アリペイ」を導入。今年ソフトバンクとヤフーが共同出資する「ペイペイ」を取り入れた。

 西村店主は「お客さんがスマートフォンの使い方に慣れていない部分も見受けられるが『ペイペイを使えるから』と店を訪れる人もいました」と話した。

 日本は他先進諸国に比べキャッシュレス決済の利用が伸び悩んでいる。経済産業省によると導入比率は、韓国が90%、中国60%、英国55%、米国45%程度で日本は約20%にとどまる。「現金志向」が根強く、セキュリティー面などの不安が残っているという。

 室蘭では市経済部が昨年11月末に中国人を中心としたインバウンド(訪日外国人)誘致へ、市内全体にキャッシュレス決済を進める「マルチペイメントシティ構想」をまとめた。市内店舗に働き掛けた結果、現在40店舗が導入を決めた。

 市産業振興課の井村佳代子さんはNTT東日本と連携しインフラを整えていると説明し「引き続きさまざまなキャッシュレス決済が使えるまちを目指したい」と力を込めた。

疑問

 一方、市内事業者の間では「もうけが少なくなる」「デメリットを知りたい」などの疑問が残っている。解決に向け道経済産業局、室蘭商工会議所、室蘭市商店街振興組合連合会が主催する説明会を宮の森町の蓬らい殿で開くことを決めた。

 室蘭商議所は「キャッシュレス決済を導入することで得られるポイント還元や割引等による集客力アップなどを分かりやすく説明する」と参加を呼び掛けている。

 参加無料。時間は午後3~同4時半、午後6時半~同8時の2回。申し込みは22日まで。問い合わせは市商連(電話0143・25局1177番)へ。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス