北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白老沖で1.76メートルの巨大オヒョウ揚がる【白老】

市場で競りにかけられた巨大オヒョウ。成人男性と同じ大きさに漁業関係者を驚かせた=提供写真

 白老町沖合に仕掛けられた刺し網に13日、体長1・76メートル、重さ86キロの巨大カレイ「オヒョウ」が入った。「過去最大級」だという。同町の水産加工業者が競り落とした。

 漁業関係者によると、白老沖で操業するカレイなどの刺し網船が仕掛けた網にかかった。甲板に引き上げるには専用の機械を使うが、予想外の大きさに数十分かかったという。

 胆振総合振興局水産課によると、春の刺し網はカレイやスケソウダラを中心に水揚げされる。3、4月からカレイの漁獲が多くなる。「オヒョウ水揚げの統計はない」(担当者)という。

 刺し身の人気が高いオヒョウ。巨大オヒョウは同日、室蘭市公設地方卸売市場(日の出町)で競りにかけられた。数十人が集まり「大物」の登場を歓迎した。水産加工のマルカン本間水産(白老町虎杖浜)が落札した。

 同社の本間直人社長は「札幌に出荷した。天然物なので新鮮でおいしいと思う。10年ほど前には50センチほどのオヒョウが揚がったが、ここまでの大きさは見たことがない」と驚いていた。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...