北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「とかち太郎」栽培開始 川西長いも【十勝】

とかち太郎の導入で「輸出を増やしたい」と語る有塚組合長

 JA帯広かわにしなど管内9JAで生産する「十勝川西長いも」で、今年から新品種「とかち太郎」の栽培が始まった。開発に20年を要した新品種は以前より太い「とっくり型」で、生産量は2割増を見込む。2カ年で新品種に切り替える予定で、需要が高まる外国への輸出に対応、販売額は現状より約10億円アップの80億円超を目指す。

 帯広川西地区のナガイモ栽培は1971年に1.5ヘクタールからスタート。「十勝川西ながいも」は現在、9JA管内の540ヘクタールに拡大、年間で約2万トンが生産されている。

 「とかち太郎」は従来品種と比べて長さは60センチほどと変わらないが、直径は約7センチと0.5~1センチ程度太い。これに伴い収量は2割増になる。とかち太郎に完全に置き換わる20年以降、9JAの生産量は2万4000トンとなる見通しだ。

 期待されるのは輸出の拡大だ。ナガイモは中国文化圏で健康食材として用いられ「十勝川西長いも」もアメリカ、台湾、シンガポールなどの中国系住民向けに年間3000トンほどを輸出している。輸出量の5~7割をアメリカが占める。

 JA帯広かわにしは「アメリカでは西海岸が主な販売先だったが、近年は東海岸でも需要が高まっており、新品種による収量増で対応したい」(青果部)と話している。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...