北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

管内チーズを地図で網羅 シティデザイン【十勝】

「優しいタッチのイラストマップに仕上がっている。見ながら十勝を巡ってほしい」と話す坂口社長

 チーズ産地の十勝をPRしようと、十勝シティデザイン(帯広、坂口琴美社長)などは、管内チーズ製造所の情報を一堂に集めたイラストマップ「十勝チーズの道」を製作した。坂口社長は「観光とともに、チーズのおいしさや魅力を伝えたい」と話している。

 マップは縦33センチ横43センチ、八つ折りにして携帯できる。両面印刷で片面に地図、もう一方に住所、電話番号、営業時間などの情報を掲載している。

 稼働している工房などの9割に当たる29施設を網羅、よつ葉乳業など大手乳業メーカー、帯広畜産大・畜大チーズ部も紹介している。見学可能な施設は赤字にするなど見やすさにも配慮した。

 製作に当たっては、横浜でチーズ専門サロンを主宰する村松綾子さんなどと製作委員会を立ち上げた。デザインはチームヤムヤム(中札内)が担当。6万部製作し、飲食店や観光施設などで配布を進めている。

 道によると道内にはチーズ生産施設が約150カ所あり、うち3割は十勝に。坂口社長は「十勝のチーズは品質が高い。大小問わず多くの工房が十勝にある事実を多くの人に伝えたい」とする。

 事業費の一部は道の助成を受けた。同委員会では「チーズの道」推進に向けマップを更新、チーズ工房を示す共通のサイン看板の創設を目指している。

 協賛者(1口3000円からで、マップ100部まで無料)を募集しており、問い合わせは専用Eメール(tokachicheeseroad@gmail.com)か、ホテルヌプカ(0155・20・2600)へ。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...