北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達高教諭・冨士さんがバスケBリーグの審判で活躍【伊達】

Bリーグの審判として活躍する冨士さん

 伊達高の教諭、冨士将史さん(37)が、バスケットボールのプロリーグ、Bリーグの審判として活躍している。日本代表が所属するB1リーグにも出場。国内最高峰の試合をジャッジする経験を生かし、地元室蘭からもプロに通じる選手を育てようと意気込む。

 冨士さんは室栄高、日本体育大などで選手として活躍。教員として室蘭に戻ると、2007年に日本公認審判員の資格を取得。18年4月にBリーグに出場できるS級審判員に昇格した。

 今年に入ってからはほぼ毎週試合が入り、金曜夜から週末は道外へ。平日は帰宅後、審判するチームのビデオ研究を欠かさない。「キーになるプレーヤーや、戦略を分かっていないと良いポジションで試合を見られない」。Bリーグは発足からまだ4年。S級審判員は150人ほどいるが、ほとんどは仕事との掛け持ちという。

 「レフリーの立ち場はまだまだセミプロ。選手は生活が懸かっているし、試合の価値を下げてしまうわけにはいかない」と強い責任感を口にする。

 一流選手たちが精密なシュートを放ち、激しいボディコンタクトで競り合うと数千人の観客が熱狂する。「プレーヤーとしてはプロになれなくても努力次第でそのコートに立てる」と充実した様子。高校では部員の指導に力を入れる。「審判で学べた技術、ルールがある。この地区からプロやナショナルチームに入る選手が出たらうれしい」と新たな夢を広げる。「子どもたちにはできるだけ長く続けてほしい。バスケを通して人間力を高めてくれたら」と願っている。

関連記事

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...