北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

新たな命、誕生へ…動物や海獣たち続々仲間入り【登別】

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町)に、野生の子グマ一頭が新たに加わった。登別マリンパークニクス(同登別東町)では、ゼニガタアザラシが出産間近。観光客をわくわくさせる動物、海獣たちが続々と仲間入りの様相だ。

クマ牧場・野生のエゾヒグマ保護

雌グマの後ろで元気に遊ぶ雄の子グマ

 同牧場では、生後3、4カ月ほどの雄のエゾヒグマが新たに加わった。4月末に新ひだか町内で発見、保護された。今月13日までに同牧場で受け入れて、山頂クマ山の子グマ牧場で放飼を開始した。

 子グマは体長30センチほど。受け入れ当初は、環境の変化や母グマから離れた影響からかミルクをあまり飲まなかったが、今は慣れたよう。順調に成育を続けて、体重は当初より1キロほど増えて5キロ弱になった。

 同牧場では今年、5頭の雌グマが誕生しており、同世代のお姉さんたちが心強い存在だ。雌グマの後ろをひょこひょことついていったり、一緒に水辺を回ったりと寂しさは解消されている様子。雌グマが木に登ると「一緒に遊んでよ」と言わんばかりに鳴き声を出す。さながら6人きょうだいの末っ子のよう。雌グマの背中にぴったりとくっついて離れない姿から、甘えん坊の一面ものぞかせている。

 飼育スタッフは「昨年生まれた雄グマも、体重80キロになりました。今は雌グマよりも一回りも二回りも体は小さいですが、じきに大きくなってくれるでしょう」と話す。

マリンパーク・アザラシ今月出産予定

おなかが膨らみ始めて出産が近づくマロン

 マリンパークでは、ゼニガタアザラシのマロン(22歳)が、早ければ今月下旬にも出産予定だ。3月末のエコー検査で妊娠を確認。4月に入り腹部の膨らみも目立ち初め、最近では目視による胎動も確認できているという。

 現在の体重は120キロほど。飼育員がバケツを持参すると、ご飯の時間と認識して水槽に近づいてくる。元気に泳ぎ回る姿からは、順調な妊娠生活がうかがえる。同じ水槽にいるミサキと比べると、体の大きさは段違い。妊娠直前になると、食欲がなくなり、陸に上がり出産するという。

 飼育、展示しているリングプールは、ドーナツ形の水槽が特徴。出産後の赤ちゃんが溺れる可能性があるため、水槽内の水を一時的に抜いているという。

 5月下旬~6月上旬に出産予定という。担当者は「マロンは今回で3回目の妊娠で、ベテランのお母さん。深い愛情があるので、心優しく育ててくれるでしょう」と期待している。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...