北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

篠崎さん就農 町農業再生協事業で初【音更】

新規就農した篠崎さん。手前は自ら生産したホウレンソウ(町下士幌のビニールハウスで)

 帯広出身の元会社員篠崎智美さん(34)が新規就農者として、4月から町内で野菜生産に取り組んでいる。新規農業者の移住・定住を促進し、担い手を育成する町農業再生協議会(会長・傳法伸也町経済部長)の事業で就農したのは篠崎さんが初めて。「皆さんに喜んでもらえるおいしい野菜を作りたい」と意欲を新たにしている。

 篠崎さんは芽室高校を卒業後、東京の服飾関係の会社に勤務。祖父が旭川市の稲作農家だったことから、幼少時から農業に関心を持っていた。2015年秋に札幌市で開かれた新規就農相談会「農業人フェア」に参加し、音更での就農を決めた。

 16年8月からJA木野の特産物センター(町下士幌)で、基礎研修を開始。ビニールハウスでトマトやホウレンソウ、ブロッコリーなどの生産に取り組んだ。営農に必要な栽培技術や農業簿記なども学び、18年8月に、研修を終えた。

 JA木野の協力もあり、4月から野菜農家北嶋勝三さん所有(町下士幌北2線東26)の畑やビニールハウス4棟計1200平方メートルを借りて営農を始めた。

 トマトやピーマン、ホウレンソウ、食用ホオズキ、ブロッコリー、カリフラワー、オクラ、ムラサキキャベツ、ズッキーニなど多様な野菜生産に取り組む。

 今月には早くも農産物直売所「きのっ子ファーマーズ」(ハピオガーデン内)にラディッシュやミニダイコン、ベビーリーフなどを初出荷。「生産者として自分の名前が書かれているのを見て感激した」と笑顔を見せる。

 篠崎さんは「木野地区の農家の皆さんが気に掛けてくれて、畑の耕運などで支援していただいた。ありがたいし感謝したい。今後は野菜の加工品の開発にも挑戦したい」と夢を膨らませている。

 13日には町役場で激励会が行われ、小野信次町長、清都善章JA木野組合長、齊藤潔十勝農業改良普及センター十勝北部支所長が「地域に根を下ろし、音更の農業の担い手に」などと期待を寄せた。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...