北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

篠崎さん就農 町農業再生協事業で初【音更】

新規就農した篠崎さん。手前は自ら生産したホウレンソウ(町下士幌のビニールハウスで)

 帯広出身の元会社員篠崎智美さん(34)が新規就農者として、4月から町内で野菜生産に取り組んでいる。新規農業者の移住・定住を促進し、担い手を育成する町農業再生協議会(会長・傳法伸也町経済部長)の事業で就農したのは篠崎さんが初めて。「皆さんに喜んでもらえるおいしい野菜を作りたい」と意欲を新たにしている。

 篠崎さんは芽室高校を卒業後、東京の服飾関係の会社に勤務。祖父が旭川市の稲作農家だったことから、幼少時から農業に関心を持っていた。2015年秋に札幌市で開かれた新規就農相談会「農業人フェア」に参加し、音更での就農を決めた。

 16年8月からJA木野の特産物センター(町下士幌)で、基礎研修を開始。ビニールハウスでトマトやホウレンソウ、ブロッコリーなどの生産に取り組んだ。営農に必要な栽培技術や農業簿記なども学び、18年8月に、研修を終えた。

 JA木野の協力もあり、4月から野菜農家北嶋勝三さん所有(町下士幌北2線東26)の畑やビニールハウス4棟計1200平方メートルを借りて営農を始めた。

 トマトやピーマン、ホウレンソウ、食用ホオズキ、ブロッコリー、カリフラワー、オクラ、ムラサキキャベツ、ズッキーニなど多様な野菜生産に取り組む。

 今月には早くも農産物直売所「きのっ子ファーマーズ」(ハピオガーデン内)にラディッシュやミニダイコン、ベビーリーフなどを初出荷。「生産者として自分の名前が書かれているのを見て感激した」と笑顔を見せる。

 篠崎さんは「木野地区の農家の皆さんが気に掛けてくれて、畑の耕運などで支援していただいた。ありがたいし感謝したい。今後は野菜の加工品の開発にも挑戦したい」と夢を膨らませている。

 13日には町役場で激励会が行われ、小野信次町長、清都善章JA木野組合長、齊藤潔十勝農業改良普及センター十勝北部支所長が「地域に根を下ろし、音更の農業の担い手に」などと期待を寄せた。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...