北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

2年ぶり「ひまわり迷路」 児童が種植え【本別】

一粒ずつ丁寧にヒマワリの種を植えた児童

 本別町内で2年ぶりとなるイベント「ひまわり迷路」の開催に向け、会場となる前田農産のほ場(弥生町)で14日、小学生によるヒマワリの種植えが行われた。

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」と題し、実行委員会が主催。4.6ヘクタールの敷地に34万本のヒマワリを栽培。7月20~28日の開催を予定している。

 この日は本別中央小の3年生37人が、利別川沿いにある前田さんの畑に訪れ、食育種まきスペースで種植え作業を行った。

 アメリカなど原産の16種類のヒマワリはそれぞれ特徴があり、国産のヒマワリには朝の連続ドラマにちなんだ「なつぞらさくたろう」と命名したものも。軍手をはめて種植えした男子児童は「作業は思ったより大変だった。植えたヒマワリは最大5メートルぐらいまで伸びるらしいので、大きく成長してほしい」と笑顔で話していた。

 町内で1988年から17年間続いた「とうもろこし3万坪迷路」を継承する形で始まった「ひまわり3千坪迷路」も2017年で終了。実行委の前田茂雄さん(44)は「とうもろこし-」を運営した中心メンバーの一人だった父芳雄さん(故人)らの思いを引き継ぎたいと開催を決断した。「農業を出会いの場として町を元気に、という気持ちでイベントを成功させたい」と話している。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...