北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日高沖の試掘調査順調 空路で作業員を輸送、7月まで予定-石油資源開発

作業員を乗せて臨時ヘリポートに到着するヘリコプター=9日午後5時ごろ、苫小牧市柏原

 石油資源開発が日高沖で進めている石油と天然ガスの試掘調査が順調に進んでいる。現地では約100人の作業員が交代しながら、水深1070メートルの海底から約2000メートルの深さでボーリング調査を実施。苫小牧市柏原の苫東工業地域には臨時のヘリポートが設置され、交代作業員らを沖合の掘削船まで空路で輸送している。調査は7月末まで行われる予定で、年内をめどにまとめる調査で有望なデータが得られれば、さらに追加の採掘調査を行う考えだ。

 同社が経済産業省資源エネルギー庁の委託を受けて進めている試験事業。日高沖合約50キロの海上で掘削船を停泊させ、海底下でボーリング調査(1本)を実施して資源の有無を調べている。

 今回の調査に向けては、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が2012年から14年にかけ、資源エネルギー庁の三次元物理探査船「資源」で海底地形などを確認。昨年10月にも海底環境や地層などを調べ、資源採掘に有望とみられる箇所周辺を特定した上で調査に当たっている。

 掘削船は全長103メートル、全幅87メートル、高さ116メートル。事業規模は約90億円。調査は今年4月上旬からスタートした。常時100人の作業員が従事し、採掘船への移動はヘリコプターを使用している。苫小牧市柏原の苫東工業地域には臨時のヘリポートが整備され、委託を受けた航空会社が予備を含む2機体制で掘削船に作業員らを輸送している。

 国内では現在、新潟県胎内市沖で唯一、同社が海上基地による石油や天然ガスの商業採掘を展開中。担当者は「商業生産の可否判断には数年単位の時間を要するが、エネルギーの安定供給につながことを期待して調査を進める」と話している。

関連記事

函館新聞

遺愛高英語科生徒がラデッシュとオオバ収穫、販売【函館】

 遺愛女子高校(福島基輝校長)の英語科3年生が「IAI×ファーミング」の取り組みで同校敷地内の畑で育てたハツカダイコン(ラデッシュ)とオオバを収穫した。野菜は校内で教職員向けに生徒9人が販売し、日...

函館新聞

中国SF「三体II」翻訳に参加 函館高専教授の泊さん【函館】

 異星人と人類の科学技術による闘争を描いた中国のSF小説「三体」シリーズの続編「三体II」(劉慈欣=りゅう・じきん=著、早川書房)の日本語版が発売された。同書の下巻では、函館高専教授の泊功さん(5...

十勝毎日新聞

北の屋台売上高2%増3.5億円 コロナかわす【帯広】

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

十勝毎日新聞

湯治客お出迎え ぬかびら源泉郷ルピナス【上士幌】

 上士幌町のぬかびら源泉郷で、ルピナスが空に向かって花茎を伸ばし、多くの花を付けている。「ノボリフジ」の別名がある色とりどりの姿で、訪れる人を楽しませている。  ぬかびら源泉郷地区の花として...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス