北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日高沖の試掘調査順調 空路で作業員を輸送、7月まで予定-石油資源開発

作業員を乗せて臨時ヘリポートに到着するヘリコプター=9日午後5時ごろ、苫小牧市柏原

 石油資源開発が日高沖で進めている石油と天然ガスの試掘調査が順調に進んでいる。現地では約100人の作業員が交代しながら、水深1070メートルの海底から約2000メートルの深さでボーリング調査を実施。苫小牧市柏原の苫東工業地域には臨時のヘリポートが設置され、交代作業員らを沖合の掘削船まで空路で輸送している。調査は7月末まで行われる予定で、年内をめどにまとめる調査で有望なデータが得られれば、さらに追加の採掘調査を行う考えだ。

 同社が経済産業省資源エネルギー庁の委託を受けて進めている試験事業。日高沖合約50キロの海上で掘削船を停泊させ、海底下でボーリング調査(1本)を実施して資源の有無を調べている。

 今回の調査に向けては、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が2012年から14年にかけ、資源エネルギー庁の三次元物理探査船「資源」で海底地形などを確認。昨年10月にも海底環境や地層などを調べ、資源採掘に有望とみられる箇所周辺を特定した上で調査に当たっている。

 掘削船は全長103メートル、全幅87メートル、高さ116メートル。事業規模は約90億円。調査は今年4月上旬からスタートした。常時100人の作業員が従事し、採掘船への移動はヘリコプターを使用している。苫小牧市柏原の苫東工業地域には臨時のヘリポートが整備され、委託を受けた航空会社が予備を含む2機体制で掘削船に作業員らを輸送している。

 国内では現在、新潟県胎内市沖で唯一、同社が海上基地による石油や天然ガスの商業採掘を展開中。担当者は「商業生産の可否判断には数年単位の時間を要するが、エネルギーの安定供給につながことを期待して調査を進める」と話している。

関連記事

日高報知新聞

総額31億円、売却率過去最高【新ひだか】

【新ひだか】北海道市場のサラブレッド1歳馬の競り市「セレクションセール」(日高軽種馬農協主催)が16日、静内神森の同市場で開かれた。236頭(牡178頭、牝58頭)が上場し、197頭(牡154頭、...

日高報知新聞

馬を介した連携協定を結ぶ【浦河】

 浦河町と帯広畜産大学(奥田潔学長)と町内のNPO法人ピスカリ(江刺尚美代表理事)が16日、浦河町役場で馬を介した教育・研究・社会貢献活動に関する連携協定を結んだ。障がい者や高齢者に対する乗馬療...

根室新聞

北方墓参第2班が択捉島へ 一部は洋上慰霊に【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が18日朝、目的地の択捉島へ向けて四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港を出発した。墓参団(伊藤光作団長)は2泊3日の日程で同...

根室新聞

貝殻島サオマエコンブ値決め交渉 1等品は1万6500円【根室】

 根室水産ビルで行われていた今年の北方領土・貝殻島サオマエコンブ漁の値決め交渉が、16日に妥結した。今年の上場数量は昨年を下回る164トン。最高級の1等品価格は10キログラム当たり前年比100...

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将...