北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

女性目線のつなぎ好評 酪農女子同盟、メーカーと開発【別海】

生乳生産全国一の別海町で酪農に従事する女性たちでつくる別海町酪農女子同盟「Stron・gyu(ストロンギュウ)」(小林晴香代表)が、作業着メーカーなどと共同開発した女性用つなぎが好評だ。昨年2月に続く第2弾デザインがこのほど完成し、総合作業用品店「プロノ」全店で販売されている。小林代表(38)は「より機能的で毎日楽しく仕事ができるデザイン」とPRしている。

ヒッコリー柄と半袖の新デザインが加わったストロンギュウ監修のつなぎ

ストロンギュウは、おととし札幌で開かれた「酪農女性サミット」を機に、プロノを運営する「ハミューレ」(本社札幌)と広島県の作業着メーカー「SKプロダクト」の担当者から、「おしゃれで機能的な女性用つなぎ」の開発に協力を求められ、昨年2月から共同開発商品「グレイスエンジニアーズ」を監修している。商品は薄手で丈夫なストレッチデニム生地で、腰回りに付いたファスナーでズボン部分を分離でき、高めの襟が首の日焼けを防ぐなど、現場で働く女性の声に応える機能が特徴だ。  道内と東北、北関東の計43店舗で販売され、ハミューレ商品販売部開発課の柏木聖課長によると「通常のつなぎより2000~3000円高いが売れ行きは好調」。その後も開発が続けられ、今回の第2弾はストライプのヒッコリー柄と、夏場の作業に対応できる半袖タイプが加わり、サイズも5~15号と拡充した。  前回同様、商品には乳牛と赤いハイヒールをあしらった「ストロンギュウ」オリジナルのタグが付き、1点税抜き5990円でプロノ全店舗のほかウェブで通信販売されている。柏木課長は「女性の切なる思いを形にした商品。ぜひ手に取ってほしい」としている。  ストロンギュウは2016年9月に酪農家の妻や後継者だけでなくヘルパーや人工授精師、学生など酪農に携わる女性で発足。団体名は「ストロング」と「ギュウ(牛)」を合わせた造語で、酪農女子の強さとたくましさを表している。講習や交流会などを年に最大4回開きインターネット交流サイト(SNS)などを使って、若者が農業に関心を持つような情報を発信している。  小林代表は「つなぎを一つのツールとして楽しい酪農を発信していきたい」とし、今後はオリジナルグッズの開発にも意欲を見せている。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス