北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

女性目線のつなぎ好評 酪農女子同盟、メーカーと開発【別海】

生乳生産全国一の別海町で酪農に従事する女性たちでつくる別海町酪農女子同盟「Stron・gyu(ストロンギュウ)」(小林晴香代表)が、作業着メーカーなどと共同開発した女性用つなぎが好評だ。昨年2月に続く第2弾デザインがこのほど完成し、総合作業用品店「プロノ」全店で販売されている。小林代表(38)は「より機能的で毎日楽しく仕事ができるデザイン」とPRしている。

ヒッコリー柄と半袖の新デザインが加わったストロンギュウ監修のつなぎ

ストロンギュウは、おととし札幌で開かれた「酪農女性サミット」を機に、プロノを運営する「ハミューレ」(本社札幌)と広島県の作業着メーカー「SKプロダクト」の担当者から、「おしゃれで機能的な女性用つなぎ」の開発に協力を求められ、昨年2月から共同開発商品「グレイスエンジニアーズ」を監修している。商品は薄手で丈夫なストレッチデニム生地で、腰回りに付いたファスナーでズボン部分を分離でき、高めの襟が首の日焼けを防ぐなど、現場で働く女性の声に応える機能が特徴だ。  道内と東北、北関東の計43店舗で販売され、ハミューレ商品販売部開発課の柏木聖課長によると「通常のつなぎより2000~3000円高いが売れ行きは好調」。その後も開発が続けられ、今回の第2弾はストライプのヒッコリー柄と、夏場の作業に対応できる半袖タイプが加わり、サイズも5~15号と拡充した。  前回同様、商品には乳牛と赤いハイヒールをあしらった「ストロンギュウ」オリジナルのタグが付き、1点税抜き5990円でプロノ全店舗のほかウェブで通信販売されている。柏木課長は「女性の切なる思いを形にした商品。ぜひ手に取ってほしい」としている。  ストロンギュウは2016年9月に酪農家の妻や後継者だけでなくヘルパーや人工授精師、学生など酪農に携わる女性で発足。団体名は「ストロング」と「ギュウ(牛)」を合わせた造語で、酪農女子の強さとたくましさを表している。講習や交流会などを年に最大4回開きインターネット交流サイト(SNS)などを使って、若者が農業に関心を持つような情報を発信している。  小林代表は「つなぎを一つのツールとして楽しい酪農を発信していきたい」とし、今後はオリジナルグッズの開発にも意欲を見せている。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...