北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館朝市、ムスリム向け土産商品開発へ 振興局事業を活用【函館】

ムスリム向けの土産品開発を目指し議論を深める岡田代表(中央)ら

 函館朝市協同組合連合会(井上敏廣理事長)はムスリム(イスラム教徒)向けの土産品などの商品開発に力を入れている。渡島総合振興局が実施する「インバウンド対応アドバイザー派遣事業」を活用し、ムスリムの食文化などに精通する専門家を招き、既存商品のPRの仕方や新たな商品開発に向け議論を深めた。3回の派遣で商品化を進め、正式販売につなげたい考えだ。

 同振興局によると、2018年上期(4~9月)の渡島管内訪日外国人の宿泊客数のうち、ムスリムの多いマレーシアが前年比16%増の7950人、インドネシアも同53%増の3786人と増加傾向にある。ムスリムは豚肉やアルコールなどを口にすることが宗教上禁止されていることから、これらに対する対応が道南でも急務となっている。

 同連合会では昨年の専門家派遣事業で飲食店5店舗がムスリムに対応。今年度はさらに規模を拡大すると同時に、朝市の主力業態である小売を対象にムスリム対応商品の充実を図る。

 道ムスリムインバウンド推進協議会の岡田純一代表を招いた1回目の打ち合わせでは、貝柱やチップなどの加工商品、ラーメンやレトルトカレーなどを展開する方策などを議論し、今後の方向性などについて考えを共有した。同連合会の藤田公人副理事長は「せっかく函館を訪れてくれたのに、ムスリムの観光客にとって魅力ある商品や食べられるものがないのはあまりに残念。ムスリムについてしっかりと勉強し、函館朝市全体の魅力を高めていかなければならない」と力を込めた。

 岡田代表は「ムスリムだけでなく、菜食主義者に対する対応なども重要だ」としながら、道内では札幌や帯広もムスリムへの対応に力を入れていることに触れ、「これらが連携した取り組みができればもっとおもしろい」とアドバイスする。

 同振興局が実施する「インバウンド対応アドバイザー派遣事業」は、海外からの誘客促進や食のブランド展開などに取り組む企業や団体に専門家を派遣し、多言語化や商品開発を進めることを目的としており、同振興局では同事業の活用を呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...