北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館朝市、ムスリム向け土産商品開発へ 振興局事業を活用【函館】

ムスリム向けの土産品開発を目指し議論を深める岡田代表(中央)ら

 函館朝市協同組合連合会(井上敏廣理事長)はムスリム(イスラム教徒)向けの土産品などの商品開発に力を入れている。渡島総合振興局が実施する「インバウンド対応アドバイザー派遣事業」を活用し、ムスリムの食文化などに精通する専門家を招き、既存商品のPRの仕方や新たな商品開発に向け議論を深めた。3回の派遣で商品化を進め、正式販売につなげたい考えだ。

 同振興局によると、2018年上期(4~9月)の渡島管内訪日外国人の宿泊客数のうち、ムスリムの多いマレーシアが前年比16%増の7950人、インドネシアも同53%増の3786人と増加傾向にある。ムスリムは豚肉やアルコールなどを口にすることが宗教上禁止されていることから、これらに対する対応が道南でも急務となっている。

 同連合会では昨年の専門家派遣事業で飲食店5店舗がムスリムに対応。今年度はさらに規模を拡大すると同時に、朝市の主力業態である小売を対象にムスリム対応商品の充実を図る。

 道ムスリムインバウンド推進協議会の岡田純一代表を招いた1回目の打ち合わせでは、貝柱やチップなどの加工商品、ラーメンやレトルトカレーなどを展開する方策などを議論し、今後の方向性などについて考えを共有した。同連合会の藤田公人副理事長は「せっかく函館を訪れてくれたのに、ムスリムの観光客にとって魅力ある商品や食べられるものがないのはあまりに残念。ムスリムについてしっかりと勉強し、函館朝市全体の魅力を高めていかなければならない」と力を込めた。

 岡田代表は「ムスリムだけでなく、菜食主義者に対する対応なども重要だ」としながら、道内では札幌や帯広もムスリムへの対応に力を入れていることに触れ、「これらが連携した取り組みができればもっとおもしろい」とアドバイスする。

 同振興局が実施する「インバウンド対応アドバイザー派遣事業」は、海外からの誘客促進や食のブランド展開などに取り組む企業や団体に専門家を派遣し、多言語化や商品開発を進めることを目的としており、同振興局では同事業の活用を呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

地元ゆかりのジャズ名盤ジャケット一堂に【根室】

 「ニムオロ・ネイナ」や「流氷」など有名ジャズアーティストが作曲した根室ゆかりのレコード8枚のジャケットが、最東端のジャズ喫茶「サテンドール」(棚網宏店主)=大正町1=で一堂に展示されている。...

苫小牧民報

来場者100万人達成 道の駅「あびらD51ステーション」-安平

 安平町追分に昨年4月、開業した道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が3日午前、来場者数100万人に到達した。2018年9月に発生した胆振東部地震からの「復興のシンボル」として誕生した...

苫小牧民報

ジェラートスタジオ苫小牧店オープン 十勝産牛乳使用のソフトクリームも

 ジェラートやソフトクリームなどを販売する「Gelato Studio(ジェラートスタジオ)」の苫小牧店が2日、苫小牧市王子町1にオープンした。胆振では初の出店で、素材の味を生かした氷菓などを味...

日高報知新聞

ハム応援のトートバッグ【えりも】

【えりも】町では、日本ハムファイターズ応援大使とえりも町のモチーフをプリントしたトートバッグ(手提げバッグ)と缶バッチの製作を町民の協力を得て支援してきたが、6月末までにトートバッグ「ジモトート」...

日高報知新聞

コロナ対策で高額寄付【日高】

【日高】高額寄付者に対する善行表彰の授与式が1日、町役場町長室で行われ、建設会社2社に表彰状が贈られた。  表彰されたのは、5月26日に新型コロナウイルス対策にと現金500万円を寄付した町内厚賀の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス