北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

16種類のオリジナルピロシキが試食販売された売り場

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求めた。21日まで。

 3月に函館市内で初開催された「ピロシキ博」では、オリジナルレシピコンテストに6グループが参加。地元パン店などの製造で16種が商品化され、初日は全種類が店頭に並んだ。試食も提供された。

 市立函館高校料理部考案の「麻婆(マーボー)ポテト」、函館大学ピロシキ研究所考案の「魯肉飯(ルーローハン)」などを購入した藤田諒さん(22)=道教育大函館校4年=は「いつも食べているピロシキと違って面白い。期間中また来たい」と話していた。

 はこだて焼きピロシキ協同組合(ソユーズはこだて焼きピロシキ)の北見伸子代表は「高校生や大学生の自由な発想や遊び心が面白い。さけとば、さきいかなど、私たちには思い浮かばない食材で函館らしさを表現している。いろいろな味を楽しんでもらいたい」とPRしている。

 価格は200円~300円(税別)で、各日数種類を個数限定で販売。18日には全種類が登場し、レシピを考案した高校生や大学生が販売を手伝う。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...