北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

光影内にカフェ開店 広小路商店街【帯広】

具だくさんのクレープを手に来店を呼び掛ける田島店主

 帯広市内の広小路商店街のコワーキング・イベントスペース「光影」(矢田部幸永マネージャー)内に、カフェ「jirujiru-pantry」(ジルジル・パントリー)がオープンした。パソコンで作業しながらスープやクレープなどを楽しめるほか、テークアウトもできる。

 チョコバナナ、焼プリンなどのクレープ(各200円)、ツナやチキンなどのごはんクレープ(各300円)、具だくさんのスープ(150円~)を、提供する。

 店主の田島香代子さん(50)は東京出身で、飲食店に12年間勤務。結婚後、バイクで北海道を旅し、十勝の自然と都市部のバランスに引かれ、1997年に帯広に移住した。

 子育てが一段落したことから、光影の一角を借りて開店した。10月末まで同所で営業し、その後の展開は検討中。

 店名は田島さんのあだ名「ジル」と、食料庫やキッチンを意味する「パントリー」から付けた。7日にオープンし、スペース利用者から体に優しい料理を食べられると好評だ。スープの具材のゴボウやニンジンなどは十勝産を使用している。

 田島さんは「子どもが小遣いを握りしめて買いに来るくらいの値段に設定した。1人で営業しているので温かい目で見守ってほしい」と話している。

 平日の午前11時~午後4時。同所内で食事する場合は1時間200円。

関連記事

根室新聞

地元ゆかりのジャズ名盤ジャケット一堂に【根室】

 「ニムオロ・ネイナ」や「流氷」など有名ジャズアーティストが作曲した根室ゆかりのレコード8枚のジャケットが、最東端のジャズ喫茶「サテンドール」(棚網宏店主)=大正町1=で一堂に展示されている。...

苫小牧民報

来場者100万人達成 道の駅「あびらD51ステーション」-安平

 安平町追分に昨年4月、開業した道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が3日午前、来場者数100万人に到達した。2018年9月に発生した胆振東部地震からの「復興のシンボル」として誕生した...

苫小牧民報

ジェラートスタジオ苫小牧店オープン 十勝産牛乳使用のソフトクリームも

 ジェラートやソフトクリームなどを販売する「Gelato Studio(ジェラートスタジオ)」の苫小牧店が2日、苫小牧市王子町1にオープンした。胆振では初の出店で、素材の味を生かした氷菓などを味...

日高報知新聞

ハム応援のトートバッグ【えりも】

【えりも】町では、日本ハムファイターズ応援大使とえりも町のモチーフをプリントしたトートバッグ(手提げバッグ)と缶バッチの製作を町民の協力を得て支援してきたが、6月末までにトートバッグ「ジモトート」...

日高報知新聞

コロナ対策で高額寄付【日高】

【日高】高額寄付者に対する善行表彰の授与式が1日、町役場町長室で行われ、建設会社2社に表彰状が贈られた。  表彰されたのは、5月26日に新型コロナウイルス対策にと現金500万円を寄付した町内厚賀の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス