北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

ポスターを手に巡回祭をアピールする名畑会長(右端)ら

 道産小麦を用いた平麺、ピリ辛ソースに地元食材。三つのおきてで作られる登別閻魔(えんま)やきそば。提供開始から3年目を迎え、食数が13万食に達する見通しであることが分かった。道内外のイベント参加による知名度アップ、リピーター獲得などにより順調に伸びている。市と提供店でつくる登別閻魔やきそばの会(名畑泰昌会長)は今月16日から、第3回閻魔大王のやきそば巡回祭(スタンプラリー)をスタート。盛り上げとPRを加速させる。

 登別版ご当地グルメとして、2015年(平成27年)4月に提供を開始した。16年4月末までの1年間で5万食を突破。店舗での販売に加え、イベントなどでの出店、学校給食への提供などを通じて伸ばしてきた。その後も順調に推移。17年も道外量販店での販売やイベントなどでPRしてきた。詳細は現在集計中だが、登別ブランド推進協議会事務局の市によると、提供食数は13万食に達する勢いという。

 名畑会長は「1年目は名前のインパクトもあって食べにきてもらえた。2年目以降はおいしさと知名度が広がり、リピーターが増えている。道外のイベントで食べた人が、札幌のイベントで食べるため訪問したこともある」と話す。今後もさまざまなイベントに参加予定で、今月22、23日の第5回のぼりべつ夏祭りをはじめ、8月には札幌でのイベント出店なども控えている。

 3回目を迎えた巡回祭は10月16日まで実施。提供30店のうち、参加26店で閻魔やきそばを食べて、異なる3店分の印を集める。応募すると抽選で温泉宿泊券など豪華賞品が当たるほか、最も多くスタンプを集めた人には特別な賞品を用意している。

 マップを兼ねたスタンプ帳は参加店で配布している。参加店が増えた場合は、同協議会ホームページ(https://www.noboribetsubrand.jp/)で周知する

 問い合わせは市観光経済部商工労政グループ、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...

十勝毎日新聞

今年も「十勝晴れ」 新酒、管内100店で一斉発売【十勝】

 音更町内の米と水などで造った純米吟醸「十勝晴れ」の新酒が4日、十勝管内の約100店舗で一斉に発売された。  「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)が2010年から続ける事業...

十勝毎日新聞

パフェの具 お好みに レストラントスカチーナ【帯広】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)のレストラン「トスカチーナ」(帯広市西18南5)は1日から、好みの具材を選べる「オーダーメイドパフェ」を提供している。15日までの限定販売。  バレンタインデ...