北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

ポスターを手に巡回祭をアピールする名畑会長(右端)ら

 道産小麦を用いた平麺、ピリ辛ソースに地元食材。三つのおきてで作られる登別閻魔(えんま)やきそば。提供開始から3年目を迎え、食数が13万食に達する見通しであることが分かった。道内外のイベント参加による知名度アップ、リピーター獲得などにより順調に伸びている。市と提供店でつくる登別閻魔やきそばの会(名畑泰昌会長)は今月16日から、第3回閻魔大王のやきそば巡回祭(スタンプラリー)をスタート。盛り上げとPRを加速させる。

 登別版ご当地グルメとして、2015年(平成27年)4月に提供を開始した。16年4月末までの1年間で5万食を突破。店舗での販売に加え、イベントなどでの出店、学校給食への提供などを通じて伸ばしてきた。その後も順調に推移。17年も道外量販店での販売やイベントなどでPRしてきた。詳細は現在集計中だが、登別ブランド推進協議会事務局の市によると、提供食数は13万食に達する勢いという。

 名畑会長は「1年目は名前のインパクトもあって食べにきてもらえた。2年目以降はおいしさと知名度が広がり、リピーターが増えている。道外のイベントで食べた人が、札幌のイベントで食べるため訪問したこともある」と話す。今後もさまざまなイベントに参加予定で、今月22、23日の第5回のぼりべつ夏祭りをはじめ、8月には札幌でのイベント出店なども控えている。

 3回目を迎えた巡回祭は10月16日まで実施。提供30店のうち、参加26店で閻魔やきそばを食べて、異なる3店分の印を集める。応募すると抽選で温泉宿泊券など豪華賞品が当たるほか、最も多くスタンプを集めた人には特別な賞品を用意している。

 マップを兼ねたスタンプ帳は参加店で配布している。参加店が増えた場合は、同協議会ホームページ(https://www.noboribetsubrand.jp/)で周知する

 問い合わせは市観光経済部商工労政グループ、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...