北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市の一人親世帯16・8% 学童保育ニーズ高い【函館】

 函館市がまとめた「子ども・子育て支援に関するニーズ調査結果」によると、児童生徒のいる世帯のうち一人親世帯の割合が16・8%だったことが分かった。市が2017年度に実施した「子どもの生活実態調査」でも、市は母子家庭の割合が高く、今回も同様の傾向を示した。就学前児童保護者では、放課後児童クラブ(学童保育所)の利用希望が49・5%と約半数を占め、子どもへの支援の必要性が浮き彫りになった。

 調査は、今年度末までに策定する次期「市子ども・子育て支援事業計画」(20~24年度)の基礎資料とするため、昨年11月に実施。就学前児童、小学生、中学生の保護者計9641人を対象に調査票を配り、5931人(61・5%)が回答した。

 家族形態では、母子世帯が11・2%、祖父母同居の母子世帯が4・6%、父子世帯が0・5%、祖父母同居の父子世帯が0・5%で、合わせて16・8%となっている。母子世帯は学年が上がるほど割合が高い。

 幼稚園、保育園の平日の利用状況を就学前児童保護者に聞いたところ「認定こども園の保育所機能」が26・1%と最も高く、次いで「認定こども園の幼稚園機能」が15・1%、「幼稚園」が14・2%となった。

子どもの年齢が高くなるにつれ「定期的に利用しているものはない」の割合が低くなり、3歳以上の子どものほとんどが、いずれかの幼児教育・保育事業を利用している。

 放課後児童クラブを「利用したい」と答えた就学前児童保護者は49・5%に上った。「まだ分からない」が32・4%、「利用する予定はない」が17・4%にとどまった。小学生保護者では、学年が上がるほど利用割合が低い。

 家族の年収では「500万円以上700万円未満」が23・4%と最も高く、年収300万円未満は20・9%。母子世帯は「100万円以上200万円未満」が38・9%と最も高く、貧困のリスクも高い。

 市子ども企画課は「学童保育のニーズが高い結果が出た。計画に反映したい」としている。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...