北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市の一人親世帯16・8% 学童保育ニーズ高い【函館】

 函館市がまとめた「子ども・子育て支援に関するニーズ調査結果」によると、児童生徒のいる世帯のうち一人親世帯の割合が16・8%だったことが分かった。市が2017年度に実施した「子どもの生活実態調査」でも、市は母子家庭の割合が高く、今回も同様の傾向を示した。就学前児童保護者では、放課後児童クラブ(学童保育所)の利用希望が49・5%と約半数を占め、子どもへの支援の必要性が浮き彫りになった。

 調査は、今年度末までに策定する次期「市子ども・子育て支援事業計画」(20~24年度)の基礎資料とするため、昨年11月に実施。就学前児童、小学生、中学生の保護者計9641人を対象に調査票を配り、5931人(61・5%)が回答した。

 家族形態では、母子世帯が11・2%、祖父母同居の母子世帯が4・6%、父子世帯が0・5%、祖父母同居の父子世帯が0・5%で、合わせて16・8%となっている。母子世帯は学年が上がるほど割合が高い。

 幼稚園、保育園の平日の利用状況を就学前児童保護者に聞いたところ「認定こども園の保育所機能」が26・1%と最も高く、次いで「認定こども園の幼稚園機能」が15・1%、「幼稚園」が14・2%となった。

子どもの年齢が高くなるにつれ「定期的に利用しているものはない」の割合が低くなり、3歳以上の子どものほとんどが、いずれかの幼児教育・保育事業を利用している。

 放課後児童クラブを「利用したい」と答えた就学前児童保護者は49・5%に上った。「まだ分からない」が32・4%、「利用する予定はない」が17・4%にとどまった。小学生保護者では、学年が上がるほど利用割合が低い。

 家族の年収では「500万円以上700万円未満」が23・4%と最も高く、年収300万円未満は20・9%。母子世帯は「100万円以上200万円未満」が38・9%と最も高く、貧困のリスクも高い。

 市子ども企画課は「学童保育のニーズが高い結果が出た。計画に反映したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

広尾高生スイーツ登場 セイコーマート【広尾】

 広尾高校3年の内山佳菜さん(18)と工藤唯さん(17)が考案したスイーツ「キュートなシロクマモンブラン」が26日、全道のセイコーマートで発売された。  商品は、シロクマの顔を表現したチーズ...

十勝毎日新聞

河村投手 ロッテ4位 ドラフト 白樺高出身初のプロに【北広島】

 プロ野球ドラフト会議が26日午後5時から東京都内で行われ、白樺学園高校OBで星槎道都大(北広島市)の身長192センチの大型右腕・河村説人(ときと)投手(4年)がパ・リーグの千葉ロッテマリーン...

十勝毎日新聞

VIP3棟新設 宿泊全て「高級」に 休暇村再整備【中札内】

 地方創生ベンチャー「そら」(帯広市)の米田健史社長は26日、グループ化した中札内農村休暇村フェーリエンドルフ(中札内村)の再整備計画案の一部を明らかにした。全44宿泊棟を現在のラグジュアリー...

釧路新聞

動物愛護、ラッピングバス計画【釧路】

  動物愛護団体「釧路肉球フレンズ」(東雲麻衣代表)は、インターネットで資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用し、道内初という動物愛護啓発ラッピングバスを運行するプロジェクトを、11月2...

函館新聞

伊藤投手 日ハム1位指名「新人王取りたい」【函館】

 【苫小牧、東京】プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、鹿部町出身の伊藤大海投手(23)=苫小牧駒澤大4年=が北海道日本ハムファイターズに1位で指名された。同...